メインメニューを開く

サイクリングターミナルとは、サイクリング旅行を楽しむことを主目的として、主として地方自治体により設置された施設の一つである。昭和45年(1970年)に初めて三重県大紀町(旧大宮町)で開業し、現在は北海道から九州まで、全国に14か所存在する。宿泊のための客室を有していることが多い。また、貸し自転車(レンタサイクル)が用意されている。

史蹟・名勝などの近くに設置されていることが多く、サイクリングコースの拠点として使用されている。

ただし、宿泊施設としての規模は10〜20室程度と小さい。宿泊以外にも、レンタサイクルによるサイクリング散策にも使用される。

外部リンク編集