メインメニューを開く

サイド・バイ・サイド (Side by Side)」は、ガス・カーン作詞、ハリー・M・ウッズ英語版作曲により、1927年に書かれたポピュラー音楽の楽曲で、今日ではスタンダード曲と見なされている。資料によっては、ハリー・ウッズ作詞作曲とされることもある[1][2]

1927年に、ポール・ホワイトマン英語版楽団の盤がヒットした[2]。その後、この曲は数多くのアーティストたちによって録音されたが、おそらく最も有名なのは1953年ケイ・スター英語版による録音であろう[3]。ハリー・ウッズにとって、作曲は副業的な仕事であったが、1920年代には「When the Red, Red Robin (Comes Bob, Bob, Bobbin' Along)」、「I'm Looking Over a Four-Leaf Clover」、「Try a Little Tenderness」など数多くのスタンダード曲を書いている。ウッズは、生まれつき左手の指がなかったが、ピアノを使って作曲をしていた[4]

おもな録音編集

1927年、最初にこの曲をヒットさせたのはポール・ホワイトマンの楽団であった[2]。「ポール・ホワイトマンとリズム・ボーイズ (Paul Whiteman with Rhythm Boys)」名義のこの録音は、基本的にはインストゥルメンタルであるが、途中にビング・クロスビーがいたリズム・ボーイズ英語版のコーラスが挟まれている[5]

日本語での歌唱編集

江利チエミは、1953年に「思い出のワルツ (Till I Waltz Again with You)」のカップリング曲として、この曲を吹き込んでいる。この録音は、基本的には英語で歌われているが、途中のサビから音羽たかしによる日本語詞で歌う部分が含まれている[2]

吉田日出子は舞台『上海バンスキング』で、この曲をD・ラミス (D.Lummis)/串田和美による日本語詞で歌っており、1991年のアルバム『上海バンスキング』にも収録された[6]

脚注編集

  1. ^ 「Words and Music by HARRY WOODS」と記した楽譜もある。:Google books
  2. ^ a b c d 「293 サイド・バイ・サイド」『スタンダード・ヴォーカル名曲徹底ガイド下:名曲200 決定盤CD 856』音楽出版社、2006年、100頁。 Google books
  3. ^ Kay Starr, Songs by Kay Starr
  4. ^ Songwriters Hall of Fame entry
  5. ^ Side By Side by Paul Whiteman with Rhythm Boys (Bing Crosby) Published 1927 a MusicProf restoration”. archive.org. 2015年11月8日閲覧。
  6. ^ Discography 上海バンスキング 吉田日出子”. 自由劇場. 2015年11月7日閲覧。