メインメニューを開く
サイモン

サイモンSimon)は、ラルフ・ベアが発明した記憶力を競う電子ゲームの一種。直径33㎝。ボタンを強く叩いて遊ぶため、かなり頑丈に作られている[1]

1978年米国のタイガーエレクトロニクスから発売されてヒットした。今ではゲームの古典の一つとみなされており、テレビゲームパソコンゲームFlashゲームとしてしばしばリメイクされている。

日本では1978年に米澤玩具から発売されている。

概要編集

典型的なサイモンのゲームプレイは以下のようなものである。

  1. サイモンは上面の4方向に大きなボタンを備えており、それらは色分けされ(例: 赤・青・黄・緑)発光するようになっている。また発光と同時に固有の音が鳴る[1]
  2. まずサイモンが4つのボタンのうちいずれかを発光させる。プレイヤーはそれを覚えて、同じボタンを押す[1]
  3. 次にサイモンは、先ほどのボタンを再度発光させ、それに続いて新たにいずれかのボタン(先のボタンと同じ場合もある)を発光させる。プレイヤーはこれを覚えて、2つのボタンを順に押す。
  4. さらにサイモンは同様に、先の2つのボタンに続いて新たにいずれかのボタンを発光させる。プレイヤーはこれを覚えて3つのボタンを順に押す。
  5. 以下同様に、サイモンがランダムに選んだボタンを追加して指示していき、プレイヤーはそれまでの手順を確認しつつ新たなボタンを記憶して指示通りに押す[1]
  6. プレイヤーが間違えずに規定の回数に達すればプレイヤーの勝ち、間違えれば負けとなる。

勝利条件である規定回数の多寡や、サイモンの指示のスピードによってゲームの難易度を調整できる[1]

派生玩具編集

スーパーサイモン(1980年版)
『スーパーサイモン』(Super Simon)は、鍵盤状で横並びにボタンが4つづつ両側に並んでいるタイプ。1980年ごろにタイガー・エレクトロニクスより発売。
サイモン2
『サイモン2』(Simon 2)は、楕円形で両面にボタンがあるリバーシブルタイプ。2000年ごろにMilton Bradley(現ハスブロ)より発売。
スーパーサイモン(2005年版)
『スーパーサイモン』(Super Simon)は、六角形型で6つのボタンがあるタイプ。2005年ごろにハスブロより発売。日本でもトミーダイレクトより発売された。
サイモン トリックスター
『サイモン トリックスター』(Simon Trickster)は、発光色や音を変えることでより難易度を上げたタイプ。2005年ごろにMilton Bradley(現ハスブロ)より発売。
サイモン フラッシュ
『サイモン フラッシュ』(Simon Flash)は2011年にハスブロから発売された電子記憶ゲーム。4つの独立した立方体型ブロックで構成されており、始めに光った順番を記憶して順番に並べ替える、全部のランプが消えるまで正解の位置に並び替える、全てが同じ色に変わるように並び替える、通常のサイモンと同じ動作の4つのゲームが楽しめる。
サイモン スワイプ
『サイモン スワイプ』(Simon Swipe)は、2014年にハスブロから発売された電子記憶ゲーム。円形のハンドル状の形態で片手に持ち、ランダムに光り鳴る順番を覚えて、4つのライト部分をタッチするかスライドさせるタッチパネルタイプ。4つのライト部分はそれぞれ2か所光り、触れるだけではなく、スワイプするように連続して触れる動作も加わる。
サイモン ダース・ベイダー
『スター・ウォーズ サイモン ダース・ベイダー』(Star Wars Simon Darth Vader Game)は、2016年にハスブロから発売されたスター・ウォーズ関連玩具。ダース・ベイダーの頭部を模した形状で、押すとインペリアル・マーチが鳴る。
サイモン エア
『サイモン エア』(Simon Air)は、2016年に発売された電子記憶ゲーム。アメリカではハスブロが発売、日本ではタカラトミーから販売された。ループ状の縦置き型で、ランダムに光り鳴る順番を覚えて、4つのライト部分に直接触れず手をかざすタッチフリータイプ。2人プレイの時は対面で両側から手をかざし合う。
サイモン オプティックス
『サイモン オプティックス』(Simon Optix)は、2018年にハスブロから発売された電子記憶ゲーム。頭部にセットするバイザー型で、眼を覆う透明のバイザーが光り、手をかざすかスライドさせる。複数のオプティックス同調させることで、同じ動作をさせて遊ぶことも可能。

脚注編集

  1. ^ a b c d e コアムックシリーズNO.682『電子ゲーム なつかしブック』p.27.

関連項目編集