サウサンプトン男爵

サウサンプトン男爵: Baron Southampton)は、グレートブリテン貴族男爵位。

サウサンプトン男爵
Coronet of a British Baron.svg
Arms of the Duke of Grafton.svg

紋章記述

Arms:Quarterly: 1st and 4th, France and England quarterly; 2nd, Scotland, 3rd, Ireland; the whole debruised by a Baton Sinister compony Argent and Azure, and with a Crescent for difference.Crest:On a Chapeau Gules turned up Ermine a Lion statant guardant Or ducally crowned Azure and gorged with a Collar compony Argent and Azure .Supporters:Dexter: A Lion guardant Or ducally crowned Azure and gorged with a Collar compony Argent and Blue; Sinister: A Greyhound Argent gorged as the dexter supporter
創設時期1780年10月17日
創設者ジョージ3世
貴族グレートブリテン貴族
初代初代男爵チャールズ・フィッツロイ英語版
現所有者7代男爵エドワード・フィッツロイ
相続人チャールズ・フィッツロイ閣下
付随称号なし
現況存続
邸宅ストーンクロス・ハウス
モットーEt Decus Et Pretium Recti
(The ornament and recompense of virtue)

グラフトン公爵フィッツロイ家の分流であるチャールズ・フィッツロイ英語版1780年に叙されたのに始まる。

歴史編集

初代サウサンプトン男爵に叙されるチャールズ・フィッツロイ英語版(1737–1797)は、第2代グラフトン公爵チャールズ・フィッツロイ(1683–1757)の三男オーガスタス・フィッツロイ卿(1716–1741)の三男であり、第3代グラフトン公爵オーガスタス・フィッツロイの弟にあたる[1][2]。彼は陸軍軍人や庶民院議員を務めた後、1780年10月17日グレートブリテン貴族ハンプシャー州におけるサウサンプトンのサウサンプトン男爵(Baron Southampton, of Southampton in the County of Hampshire)に叙せられた[1][2][3][4]。サウサンプトンの爵位名はグラフトン公爵家の姉妹家であるクリーヴランド公爵家がサウサンプトン公爵位とサウサンプトン伯爵位を併せ持っていたことに由来する。

3代サウサンプトン男爵チャールズ・フィッツロイ英語版(1804–1872)の次男エドワード・フィッツロイ英語版(1869-1943)は、1928年から1943年にかけて庶民院議長英語版を務めており[5]、その妻ミュリエル・フィッツロイ英語版(1869-1962)は夫の死後に初代ダヴェントリー女子爵に叙されている(以降エドワードとミュリエルの直系男系男子によって継承されて現存。)[6][7]

一方サウサンプトン男爵位は3代サウサンプトン男爵の長男チャールズ・フィッツロイ(1867–1958)(4代男爵)に継承され、親から子への直系で2016年現在まで継承され続けている。

その子にあたる5代男爵チャールズ(1904-1989)は、貴族法制定の翌年に爵位一代放棄を行っている[1][8]

現在の当主は、その孫にあたる7代サウサンプトン男爵エドワード・フィッツロイ(1955-)である[1][9]


一族の邸宅は、デヴォン州チャグフォード英語版近郊のストーンクロス・ハウス[1]

サウサンプトン男爵 (1780年)編集

系図編集

サウサンプトン男爵フィッツロイ家系図
 
 
 
 
1670年クリーブランド公爵
1670年サウサンプトン伯爵
 
イングランド国王
チャールズ2世

(1630-1685)
 
初代クリーブランド女公
初代サウサンプトン伯
バーバラ・パーマー

(1641-1709)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1670年サウサンプトン公爵
 
1675年グラフトン公爵
 
2代クリーヴランド公
初代サウサンプトン公
2代サウサンプトン伯

チャールズ・フィッツロイ

(1662-1730)
 
初代グラフトン公
ヘンリー・フィッツロイ

(1663-1690)
 
 
 
 
 
 
 
 
クリーヴランド公爵家へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2代グラフトン公
チャールズ・フィッツロイ

(1683-1757)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オーガスタス・フィッツロイ
(1716-1741)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1780年サウサンプトン男爵
3代グラフトン公
オーガスタス・フィッツロイ

(1735-1811)
 
初代サウサンプトン男爵
チャールズ・フィッツロイ
英語版

(1737–1797)
 
 
 
 
 
 
 
 
グラフトン公爵家へ
 
 
 
 
 
 
 
 
2代サウサンプトン男爵
ジョージ・フィッツロイ

(1761–1810)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3代サウサンプトン男爵
チャールズ・フィッツロイ
英語版

(1804–1872)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1943年ダヴェントリー子爵
4代サウサンプトン男爵
チャールズ・フィッツロイ

(1867–1958)
 
エドワード・フィッツロイ英語版
(1869-1943)
 
初代ダヴェントリー女子爵
ミュリエル・フィッツロイ
英語版

(1869-1962)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダヴェントリー子爵家へ
5代サウサンプトン男爵
チャールズ・フィッツロイ

(1904–1989)
 
 
 
6代サウサンプトン男爵
チャールズ・フィッツロイ

(1928–2015)
 
 
 
 
7代サウサンプトン男爵
エドワード・フィッツロイ

(1955-)
 
 
 
 
チャールズ・フィッツロイ
(1983-)
(法定推定相続人)
 

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e Heraldic Media Limited. “Southampton, Baron (GB, 1780)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年11月1日閲覧。
  2. ^ a b Lundy, Darryl. “Lt.-Gen. Charles FitzRoy, 1st Baron Southampton” (英語). thepeerage.com. 2016年11月2日閲覧。
  3. ^ Debrett's peerage, and titles of courtesy, in which is included full information respecting the collateral branches of Peers, Privy Councillors, Lords of Session, etc. Wellesley College Library. London, Dean. (1921). https://archive.org/details/debrettspeeraget00unse 
  4. ^ No.12122”. The Gazette 26 September 1780. 2020年2月3日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “Captain Rt. Hon. Edward Algernon FitzRoy” (英語). thepeerage.com. 2016年11月2日閲覧。
  6. ^ Lundy, Darryl. “Muriel Douglas-Pennant, Viscountess Daventry” (英語). thepeerage.com. 2016年11月2日閲覧。
  7. ^ Heraldic Media Limited. “Daventry, Viscount (UK, 1943)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年11月2日閲覧。
  8. ^ No.43273”. The Gazette 17 March 1964. 2020年2月3日閲覧。
  9. ^ Lundy, Darryl. “Edward Charles Fitzroy, 7th Baron Southampton” (英語). thepeerage.com. 2016年11月2日閲覧。
  10. ^ Debrett's Peerage & Baronetage (online edition), p. 1328

関連項目編集