サクソン

イングランドのヘヴィメタルバンド

サクソンSAXON)は、イングランドヘヴィメタルバンド

サクソン
Saxon
20161203 Oberhausen Ruhrpott Metall Meeting Saxon 0170 Saxon.jpg
ドイツ・オーバーハウゼン公演 (2016年12月)
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド
サウス・ヨークシャーバーンズリー
ジャンル ヘヴィメタル
ハードロック
NWOBHM
活動期間 1977年 - 現在
レーベル EMI
Carrere
ロードランナー・レコード
ヴァージン・レコード
SPV/Steamhammer
Militia Guard Music
UDR Music
公式サイト www.saxon747.com
メンバー ビフ・バイフォード (Vo)
ポール・クィン (G)
ダグ・スカーラット (G)
ニッブス・カーター (B)
ナイジェル・グロックラー (Ds)
旧メンバー グラハム・オリヴァー (G)
スティーヴ・ドーソン (B)
ほか 別記参照

アイアン・メイデン」「デフ・レパード」らと並び、NWOBHMムーヴメントを牽引してきた代表格バンドの一つで、その活動は40年以上に及ぶ。

当バンドのほか、離脱したオリジナルメンバーが結成した「サクソン」も存在する。

概要編集

 
スウェーデン・セルヴェスボリ公演 (2008年6月)

イングランドヨークシャーのローカル・バンド「COAST」のビフ・バイフォード(Vo)とポール・クィン(G)、「SOB」のグラハム・オリヴァー(G)とスティーヴ・ドーソン(B)が合流し「Son of a Bitch」を結成。そこに「the glitter band」で活動していたピート・ギル(Ds)が加わった1977年、ロック・バンド「サクソン (SAXON)」を結成。このラインナップでNWOBHMムーヴメント基点の年である1979年に、アルバム『SAXON』でデビュー。

1980年に2ndアルバム『WHEELS OF STEEL』発表後にワールドツアーを行い、第1回「モンスターズ・オブ・ロック」に出演。1981年の4thアルバム『DENIM AND LEATHER』は、母国でシルバーディスクを獲得した。アルバムタイトルに代表される楽曲の多くは、バイク乗りをテーマにした歌詞や彼らのスタイルをテーマにしている影響で、ヨーロッパのバイカーによる支持が多かった。

1981年に初来日。1982年にピート・ギル(Ds)が脱退し、ナイジェル・グロックラーに交代。

1984年の6thアルバム『CRUSADER』をリリース。北米進出を狙って、当時のLAメタル・ムーヴメントを意識したポップな音楽性にシフトしたため、従来のファンから不評を買い低迷期に入る。この間にスティーヴ・ドーソン(B)が脱退し、ニッブス・カーターに交代。

1990年の10thアルバム『SOLID BALL OF ROCK』から徐々に原点に戻り、作品を重ねるごとに良質なヘヴィメタル・アルバムを発表し続ける。1995年のアルバム『DOGS OF WAR』を最後にオリジナルメンバー グラハム・オリヴァー(G)が翌年解雇される。新たにダグ・スカーラットが加入。

その後、離脱したグラハム・オリヴァーとスティーヴ・ドーソンがバンド名の「Saxon」を商標登録し、サクソン名義で活動を展開。問題視した本家バンド側は差し止めを裁判に訴え、バンド名使用で争うようになる。最終的に条件付きのバンド名「Oliver/Dawson Saxon」として活動を認められ、もう一つの「サクソン」が派生した。(#オリヴァー/ドーソン サクソン (Oliver/Dawson Saxon)の節も参照)

2007年、結成30周年。HR/HMフェス『LOUD PARK』参加のため、26年ぶりに来日[1]。ファンからの反応が好評で、翌2008年2011年には単独での来日公演を開催した[2]

2012年、バンドの伝記映画『ヘヴィメタル・サンダー』が公開。日本では2016年に上映された[3]

メンバー編集

現ラインナップ編集

旧メンバー編集

  • グラハム・オリヴァー Graham Oliver - ギター (1977-1996)
  • スティーヴ・ドーソン Steve Dawson - ベース (1977-1986)
  • ピート・ギル Pete Gill - ドラムス (1977-1981)
  • ポール・ジョンソン Paul Johnson - ベース (1986-1988)
  • ナイジェル・ダラム Nigel Durham - ドラム (1988)
  • フリッツ・ランドウ Fritz Randow - ドラム (1999-2004)
  • ヨルグ・マイケル Jörg Michael - ドラム (2004-2005)

ディスコグラフィ編集

スタジオアルバム編集

  • 1979年 サクソン - SAXON
  • 1980年 ホイールズ・オブ・スティール - WHEELS OF STEEL -英5位
  • 1980年 ストロング・アーム・オブ・ザ・ロウ - STRONG ARM OF THE LAW -英11位
  • 1981年 デニム・アンド・レザー - DENIM AND LEATHER -英9位
  • 1983年 パワー・アンド・ザ・グローリー - POWER AND THE GLORY -英15位
  • 1984年 クルセイダー - Crusader -英18位
  • 1985年 イノセンス・イズ・ノー・エクスキューズ - Innocence Is No Excuse -英36位
  • 1986年 ロック・ザ・ネイション - Rock the Nations -英34位
  • 1988年 ディスティニー - Destiny -英49位
  • 1990年 ソリッド・ボール・オブ・ロック - Solid Ball of Rock
  • 1992年 フォーエバー・フリー - Forever Free
  • 1995年 ドッグス・オブ・ウォー - Dogs of War
  • 1997年 アンリーシュ・ザ・ビースト - Unleash the Beast
  • 1999年 メタルヘッド - Metalhead
  • 2001年 キリング・グラウンド - Killing Ground
  • 2004年 ライオンハート - Lionheart
  • 2007年 ザ・インナー・サンクタム - The Inner Sanctum -英102位
  • 2009年 イントゥ・ザ・ラビリンス - Into The Labyrinth
  • 2011年 Call to Arms
  • 2013年 Sacrifice
  • 2015年 Battering Ram
  • 2018年 Thunderbolt

ライヴ・アルバム編集

  • 1982年 The Eagle Has Landed -英5位
  • 1989年 Rock 'N' Roll Gypsies
  • 1990年 Greatest Hits Live
  • 1998年 The Eagle Has Landed Part2
  • 1999年 BBC Sessions
  • 2006年 The Eagle Has Landed Part3
  • 2012年 Heavy Metal Thunder - Live: Eagles Over Wacken
  • 2014年 St. George’s Day Sacrifice: - Live in Manchester
  • 2016年 Let Me Feel Your Power

オリヴァー/ドーソン サクソン (Oliver/Dawson Saxon)編集

オリヴァー/ドーソン サクソン
Oliver/Dawson Saxon
 
ドイツ・ブランデ=ヘルナーキルヒェン公演 (2014年7月)
基本情報
別名 Son of a Bitch
出身地   イングランド
ジャンル ヘヴィメタル
ハードロック
活動期間 1995年 - 現在
レーベル Hengest Records
Phoenix Music
Angel Air Records
公式サイト オフィシャル - Facebook
メンバー ブリ・ショーネシー (Vo)
グラハム・オリヴァー (G)
ギャヴ・コールソン (G)
スティーヴ・ドーソン (B)
ポール・オリヴァー (Ds)
旧メンバー ハイドン・コンウェイ(G)、ほか

オリヴァー/ドーソン サクソンOliver/Dawson Saxon)は、「サクソン」のオリジナルメンバー グラハム・オリヴァー(G)とスティーヴ・ドーソン(B)を中心とした「サクソン」名義の派生グループ。

概要・背景編集

1995年、「サクソン」のオリジナルメンバー グラハム・オリヴァー(G)とスティーヴ・ドーソン(B)が、サクソン結成以前に活動したバンド「Son of a Bitch」の再興プロジェクトを開始。翌年にサクソンから解雇されたオリヴァーは「Saxon」を商標登録した上で、「Son of a Bitch」から「サクソン」名義で活動するようになる。

本家の「サクソン」側は当初、楽曲を演奏する程度のライヴまでは寛容な態度をとっていたが、徐々にビジネスを展開し商標登録もして対抗されたため、バンド名の使用を差し止める訴えを裁判所に起こした。高等裁判所はオリヴァー側が取得した「Saxon」の商標効力を無効にし、バンド名に主宰者名を含めることを義務付け、本家のロゴを使用しないことを条件に活動を許された。

活動は「サクソン」時代の楽曲を主体としたライヴ中心だったが、2012年にOliver/Dawson Saxon名義で初のスタジオ・アルバム『Motorbiker』をリリースした。

メンバーの変遷は、旧メンバーを参照のこと。


メンバー編集

現ラインナップ編集

  • ブリ・ショーネシー Bri Shaughnessy - ヴォーカル (2011- )
  • グラハム・オリヴァー Graham Oliver - ギター (1995- )「サクソン」オリジナルメンバー
  • ギャヴ・コールソン Gav Coulson - ギター (2016- )
  • スティーヴ・ドーソン Steve Dawson - ベース (1995- )「サクソン」オリジナルメンバー
  • ポール・オリヴァー Paul Oliver - ドラム (2010- )

旧メンバー編集

  • テッド・ブレット Ted Bullet - ヴォーカル (1995-1999)
  • ハイドン・コンウェイ Haydn Conway - ギター (1995-2016)
  • ピート・ギル Pete Gill - ドラム (1995-1999)
  • ケヴ・ムーア Kev Moore - ヴォーカル (1999)
  • ナイジェル・ダラム Nigel Durham - ドラム (1999-2010)
  • ジョン・ワード John Ward - ボーカル (2000-2011)

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム
ライヴ・アルバム

脚注編集

外部リンク編集