サセックス (客船)

客船

サセックス (Sussex) は、1896年に建造されたロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道のイギリス海峡横断客船。後にフランスのCompagnie des Chemins de Fer de l'État Françaisへ売却され、第一次世界大戦中にドイツ潜水艦に攻撃されて大破した。戦後、ギリシャへ売却されてAghia Sophiaと改名された。

船歴編集

ウィリアム・デニー・アンド・ブラザーズ社で建造され、1896年4月30日に進水。ニューヘイブンディエップ航路に就航し[1]、処女航海は1896年7月31日であった[2]

1914年、フランスのCompagnie des Chemins de Fer de l'État Françaisへ売却される[3]

第一次世界大戦中は航路がニューヘイブンからではなくフォークストンに変更され[4]。1916年3月24日、フォークストンからディエップへ向け航行中サセックスはドイツ潜水艦UB29に雷撃された[5]、サセックスは船橋より前を失う大きな被害を受けた[4]。乗員53人、乗客325人中[6]、少なくとも50人が死亡した[1]。サセックスはブローニュ=シュル=メールへと曳航された[6]

犠牲者にはスペインの作曲家エンリケ・グラナドスとその妻[7]などがおり、負傷者にはワイルダー・ペンフィールドなどのアメリカ人もいた。

アメリカ人に死者はいなかったもののアメリカの世論は怒り、アメリカとドイツ間の外交問題となった[8]。1916年5月にドイツはSussex pledgeと呼ばれる宣言を出し、潜水艦戦での一部制限撤廃(武装商船への無警告攻撃の許可)を取りやめることとなった[9]

戦後の1920年にピレウスのD Demetriadesへ売却されてAghia Sophiaと改名。火災により損傷し1921年に解体された[1]

要目編集

  • トン数 1,565 GRT、328 NRT
  • 全長 275 ft 0 in (83.82 m)
  • 全幅 34 ft 1 in (10.39 m)
  • 速力 20.5 ノット (38.0 km/h)

脚注編集

  1. ^ a b c Launched 1886: ss SUSSEX”. Clydesite. 2010年12月30日閲覧。
  2. ^ TSS Sussex”. Tom Lee. 2013年2月15日閲覧。
  3. ^ Helgason, Guðmundur. "Ships hit during WWI: Sussex". German and Austrian U-boats of World War I - Kaiserliche Marine - Uboat.net. 2010年12月30日閲覧
  4. ^ a b Bailey, Peter (2005年12月15日). “Torpedoed on the crossing to Dieppe”. Sussex Express. 2010年12月30日閲覧。
  5. ^ Helgason, Guðmundur. "WWI U-boats: UB 29". German and Austrian U-boats of World War I - Kaiserliche Marine - Uboat.net. 2010年12月30日閲覧
  6. ^ a b une torpille allemande qui va changer la face du monde…” (French). Saint-Sevin. 2010年12月30日閲覧。
  7. ^ Enrique Granados”. Sprachcaffe. 2010年12月30日閲覧。
  8. ^ Bridgeland 2002, pp. 89-98.
  9. ^ Attack on the Sussex, March 24, 1916”. US History. 2010年12月30日閲覧。

参考文献編集

  • Bridgeland, Tony (2002). Outrage at Sea: Naval Atrocities in the First World War. Barnsley: Pen and Sword Books. ISBN 0-85052-877-1 

外部リンク編集