サックヴィル・タフトン (第9代サネット伯爵)

第9代サネット伯爵サックヴィル・タフトン英語: Sackville Tufton, 9th Earl of Thanet1769年6月30日1825年1月24日)は、イギリスの貴族。1786年までタフトン卿儀礼称号を使用した。

生涯編集

第8代サネット伯爵サックヴィル・タフトンとメアリー・サックヴィル(Mary Sackville、1746年4月1日 – 1778年9月30日、ジョン・フィリップ・サックヴィル英語版の娘)の長男として、1767年6月30日に生まれた[1]。1786年4月30日に父が死去すると、サネット伯爵の爵位を継承した[1]。父が死去した時点で未成年だったため、母方の祖父ジョン・フィリップ・サックヴィル英語版が保護者を務めた[2]。また、若い頃は海外、特にウィーンで過ごすことが多く、後に結婚することとなるアン・シャーロット・ド・ボヤノヴィッツともそこで知り合った[2]

政治にかかわることは少なかったが、第5代ベッドフォード公爵フランシス・ラッセル英語版を支持し、小ピットに反対したことは知られている[2]

1798年5月、チャールズ・ジェームズ・フォックスリチャード・ブリンズリー・シェリダンホイッグ党員とともにアーサー・オコンナー英語版の裁判に出席した[2]。オコンナーは裁判で無罪判決を勝ち取ったが、別の罪状による逮捕状があったためすぐには釈放されず、裁判所で暴動がおこった[2]。その後、サネットらは裁判所で暴動を起こし、灯りを消してオコンナーの逃亡を手助けした容疑で訴えられた[2]。サネット伯爵の裁判は1799年4月25日に王座裁判所英語版で行われ、ジョン・スコット英語版が検事を、トマス・アースキン英語版が弁護士を、初代ケンヨン男爵ロイド・ケンヨン英語版が裁判官を務めた[2]。このとき、シェリダンは弁護側の証人として証言し、エドワード・ロー英語版の「サネット卿がオコンナーの逃亡に助力したと信じているか」の質問を8回もはぐらかし、最後までその質問に回答しなかったが、結局サネット伯爵は6月10日に有罪判決が下され、1年の禁固刑(刑務所はロンドン塔)と1,000ポンドの罰金に処された[2]。この判決について、英国人名事典は「不公平でなかったとしても、過度に厳しいものである」という評価を下している[2]

釈放された後はホスフィールド英語版に引退して農業に専念したが、7年間犯罪行為をしない保証として2万ポンドの保証金の支払いを命じられた[2]。晩年はフランスで過ごすことが多く[2]、1825年1月24日にフランスのシャロンで死去、2月7日にレイナム英語版で埋葬された[1]。子供がおらず[2]、弟チャールズが爵位を継承した[1]

家族編集

1811年2月28日、アン・シャーロット・ド・ボヤノヴィッツ(Anne Charlotte de Bojanovitz、1819年2月15日没、ハンガリー出身の女性)と結婚したが[1][3]、2人の間に子供はいなかった[2]

系譜図編集

出典編集

  1. ^ a b c d e Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. pp. 389–390.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m Seccombe, Thomas (1899). "Tufton, Sackville" . In Lee, Sidney (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 57. London: Smith, Elder & Co. pp. 294–295.
  3. ^ "Thanet, Earl of (E, 1628 - 1849)". Cracroft's Peerage (英語). 9 June 2009. 2019年10月12日閲覧
イングランドの爵位
先代:
サックヴィル・タフトン
サネット伯爵
1786年 – 1825年
次代:
チャールズ・タフトン