サックヴィル・タフトン (第7代サネット伯爵)

第7代サネット伯爵サックヴィル・タフトン英語: Sackville Tufton, 7th Earl of Thanet1688年5月11日1753年12月4日)は、イギリスの貴族、政治家。トーリー党所属。

生涯編集

サックヴィル・タフトン英語版(1697年頃 – 1721年3月30日、第2代サネット伯爵ジョン・タフトン英語版の五男[1])とエリザベス・ウィルブラハム(Elizabeth Wilbraham、ラルフ・ウィルブラハムの娘)の次男(長男ジョンは1687年5月25日に生まれ、夭折した)として、1688年5月11日に生まれた[2]

1722年イギリス総選挙トーリー党の一員としてアップルビー選挙区英語版から出馬し、当選を果たした[3]。同じ選挙区で当選した第3代準男爵サー・リチャード・サンドフォード英語版が1723年に死去すると、補欠選挙で初代ヒルズバラ子爵トレヴァー・ヒルを推し、アップルビー選挙区の2議席を手中に収めようとしたが、ヒルズバラ子爵はホイッグ党ジェームズ・ラウザー英語版候補に敗れた[4]。1725年、ジェームズ・ラウザーを後援した第3代ロンズデール子爵ヘンリー・ラウザーとタフトンの間で妥協がなされ、以降1751年にロンズデール子爵が、1753年にタフトンが死去するまで2人が1議員ずつ指名し、アップルビー選挙区で無投票当選が1754年まで続くこととなった[4]。タフトンが議会で投票した記録は1729年の1回だけであり[3]、同年7月30日に伯父トマスが死去すると、サネット伯爵の爵位を継承して[2]庶民院を去った。また、ウェストモーランド州長官英語版の官職も世襲した[2]

1753年12月4日に死去、息子サックヴィルが爵位を継承した[2]

人物編集

1753年12月3日に第3代バーリントン伯爵リチャード・ボイルが死去すると、サネット伯爵は仕立て屋に8時間で喪服を作れるかを質問した[3]。サネット伯爵は義弟にあたるバーリントン伯爵(バーリントン伯爵夫人ドロシーはサネット伯爵夫人の妹)の喪に服したいが、彼自身も12時間ももたないだろうと予想しての質問であり、実際に翌日にあたる12月4日に死去した[3]

家族編集

1722年6月11日、メアリー・サヴィル(Mary Savile、1700年9月28日 – 1751年7月30日、第2代ハリファックス侯爵ウィリアム・サヴィル英語版の娘)と結婚[2]、2男2女をもうけた[1]

系譜図編集

出典編集

  1. ^ a b "Thanet, Earl of (E, 1628 - 1849)". Cracroft's Peerage (英語). 9 June 2009. 2019年10月12日閲覧
  2. ^ a b c d e Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 389.
  3. ^ a b c d Sedgwick, Romney R. (1970). "TUFTON, Sackville (1688-1753), of Newbottle, Northants.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年10月12日閲覧
  4. ^ a b Sedgwick, Romney R. (1970). "Appleby". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年10月12日閲覧
グレートブリテン議会英語版
先代:
トマス・ラットウィッチ英語版
サー・リチャード・サンドフォード準男爵英語版
庶民院議員(アップルビー選挙区英語版選出)
1722年 – 1729年
同職:サー・リチャード・サンドフォード準男爵英語版 1722年 – 1723年
ジェームズ・ラウザー英語版 1723年 – 1727年
ジョン・ラムズデン英語版 1727年 – 1729年
次代:
ジョン・ラムズデン英語版
ウォルター・プラマー英語版
イングランドの爵位
先代:
トマス・タフトン
サネット伯爵
1729年 – 1753年
次代:
サックヴィル・タフトン