サトラップ大反乱

サトラップ大反乱[1] (サトラップだいはんらん) または三サトラップの乱は、紀元前4世紀後半、アケメネス朝サトラップ(太守)たちがアルタクセルクセス2世に対して起こした反乱である。反乱側の主要人物はカッパドキア英語版太守ダタメース英語版フリュギア英語版太守アリオバルザネース英語版アルメニア英語版太守オロンテス1世英語版らである。またカリアの王マウソロスも、基本的には名目上の宗主アルタクセルクセス2世に従いつつ、時には反乱側に寝返ることもあった。

サトラップ大反乱
Tomb of Perikles of Lycia phalanx.jpg
サトラップ大反乱の指導者の一人ペリクレス英語版の墓に描かれたファランクス
場所小アジア
結果 アケメネス朝の勝利
衝突した勢力
サトラップ反乱軍 アケメネス朝
指揮官
ダタメース
アリオバルザネース
オロンテス
アルタクセルクセス2世

エジプトのファラオであるネクタネボ1世ネクタネボ2世は、反乱軍から派遣されてきた将軍レオミトレスに50隻の軍船と500タレントを与え、これらは反乱軍のために使われた。

ダタメースの反乱 (紀元前372年-紀元前362年)編集

 
ダタメース

カッパドキア英語版太守ダタメース英語版は優れた軍才を持つ人物で、紀元前384年以降に父カミサレスからサトラップ職を継承した。しかしアケメネス朝の宮廷における問題がもとで、彼は紀元前372年に反乱を起こした。宮廷は近隣のリュディア英語版太守アウトフラダテス英語版 やリュキア太守アルトゥンパラ英語版らに反乱鎮圧を命じたが、ダタメースはこれに耐え続けた[2]

紀元前362年、ダタメースは反乱の味方と偽る義理の息子ミトロバルザネースに暗殺された[2]

アリオバルザネースの反乱 (紀元前366年-紀元前363年)編集

フリュギア英語版太守アリオバルザネース英語版は、ポントス英語版の支配者の息子で、ヘレスポントス・フリュギアのサトラップ職の正統な継承者アルタバゾス英語版が成長するまでの代理サトラップを務めていた。しかしアルタバゾスが任に就けるまでになった時、アリオバルザネースは地位を譲り渡すのを拒否し、紀元前366年にダタメースの反乱に合流した[2]

アリオバルザネースはスパルタアゲシラオス2世の支援を獲得した[3]。紀元前366年カリアマウソロスとリュディアのアウトフラダテスにアドラミティオン英語版を包囲されたが、アリオバルザネースはここを守り抜き、アゲシラオス2世の交渉もあって包囲軍は撤退した[4]。アテナイもアリオバルザネースに同調する意図から、彼とその3人の息子にアテナイ市民権を与えた。しかし最後には、アリオバルザネースは息子のミトリダテス英語版に裏切られ、アルタクセルクセス2世により一族もろとも磔刑に処された[5][3]

オロンテスの反乱 (紀元前362年)編集

 
オロンテス1世が発行した硬貨に刻まれた肖像。サトラップの被り物を着用している。

紀元前362年、アルメニア英語版太守オロンテス1世英語版はアルタクセルクセス2世にミュシアへの国替えを命じられたのに反発し、反乱を起こした。高貴な生まれである彼は反乱諸侯から指導者に担ぎ上げられたが、間もなく当のオロンテス1世がアルタクセルクセス2世と妥協して他のサトラップたちを裏切ったため、反乱軍は急速に崩壊していった[6]。オロンテス1世がエーゲ海沿岸の広範囲を与えられた[6]のに対し、ダタメースは義理の息子ミトロバルザネースに裏切られて殺され[2]、アリオバルザネースは処刑された。しかしその他の反乱軍に味方したサトラップたちは赦免され、ここに大反乱は終結した[6]

脚注編集

  1. ^ 三津間 2009, p. 107.
  2. ^ a b c d Brosius 2006, p. 28
  3. ^ a b Brosius 2006, p. 29
  4. ^ Gershevitch 1985, p. 378
  5. ^ Xenophon, Cyropaedia viii. 8; Aristotle, v. 10
  6. ^ a b c Nelson 1984, p. 131

参考文献編集

  • Brosius, Maria (2006). The Persians: an introduction. Taylor & Francis. ISBN 9780415320894. https://books.google.com/books?id=9vnCeA_Z73cC 
  • Gershevitch, Ilya (1985). The Cambridge history of Iran: The Median and Achaemenian periods. Cambridge University Press. ISBN 9780521246996. https://books.google.com/books?id=kMLKgzj5afMC  p386
  • Heskel, Julia (1997). The North Aegean wars, 371-360 B.C. Franz Steiner Verlag. ISBN 9783515069175. https://books.google.com/books?id=djGmzkjbyGUC  p94
  • Nelson Frye, Richard (1984). The history of ancient Iran. Vol 3. C.H.Beck. ISBN 9783406093975. https://books.google.com/books?id=0y1jeSqbHLwC 
  • 三津間康幸「セレウコス朝およびアルシャク朝時代の王権の展開と都市バビロン : 『日誌』を主要資料とした研究」2009年、 doi:10.15083/00005618