メインメニューを開く

サバの女王」または「シバの女王」(Ma reine de Saba、La Reine de Saba)は、1967年にチュニジア出身の男性歌手ミシェル・ローランフランス語版が作詞・作曲し、フランスで発売されたシャンソンの楽曲。1969年に日本で発売されたレイモン・ルフェーブル楽団のインストゥルメンタル・バージョン(タイトルは『シバの女王』)がオリコン100位以内に110週ランク・インするロング・セラーを記録した。同年、ミシェル・ローランがローラン名義でなかにし礼の訳詞による日本語バージョンを発売[1]。1972年にはアルゼンチン出身のグラシェラ・スサーナによるなかにし訳のカバーがヒットした[2]

サバの女王(Ma reine de Saba)
ミシェル・ローランシングル
リリース
作詞・作曲 ミシェル・ローランフランス語版
日本語詞:なかにし礼
テンプレートを表示
シバの女王(La Reine de Saba)
レイモン・ルフェーブル楽団シングル
リリース
チャート最高順位
オリコン26位
テンプレートを表示
サバの女王(La Reine de Saba)
グラシェラ・スサーナシングル
初出アルバム『アドロ/サバの女王』
リリース
作詞・作曲 日本語詞:なかにし礼
テンプレートを表示

補足編集

歌詞の内容は旧約聖書とは関係がなく、別れた恋人をシバの女王に例えたものである。

累計250組以上にカバーされ[3]、邦題を日本語詞のフレーズにある『愛の奴隷』としたバージョンもある[4]

レイモン・ルフェーブル楽団バージョンは「野沢那智&白石冬美のパックインミュージック」のエンディング・テーマに長年起用された[5]

タイトルについて編集

サバまたはシバとは旧約聖書に登場するシバ王国のこと。日本においては「シバの女王」と訳すのが一般的であり、レイモン・ルフェーブル楽団バージョンも「シバの女王」としたが、ヒットを受けて日本でオリジナル・バージョンが発売される際にローランのフランス語の発音に合わせ「サバの女王」と題された。

アラビア語で「サバア(سبأ、Saba')」、ヘブライ語で「シェバ(שבא)と呼ばれ、英語ではヘブライ語を転写した 「シーバ(Sheba)」と呼ばれている。日本語では英語名のシーバが変化した「シバ」という表記も用いられる。

wikipedia日本語版 シバ王国 2016年8月22日版

カバー編集

インストゥルメンタル

他多数

※参考 JASRAC

脚注編集