サバナ (植生)

乾季と雨季のある熱帯に分布する、疎林と低木を交えた熱帯長草草原地帯
サバナ (地理)から転送)

サバナSavannaサヴァナまたはサバンナとも*主に学校ではサバナと書いている[独自研究?][1]とは乾季雨季のある熱帯に分布する、疎林と低木を交えた熱帯長草草原地帯である。年間降水量が 600mm以下で夏に雨季があり、その他の季節に長い乾季をもつ地域に分布する。イネ科の草本を主体とする草原に樹木が疎に生える。草本は雨季に葉をつけて繁茂するが、乾季に地上部は枯れる。アフリカではバオバブ樹などが見られる。大型の草食動物が群れをなして多く生活をしている。

サバナ

熱帯草原を一般的にサバナと呼んでいるが、これはスーダン先住民が使用した呼称に由来し、地域によりリャノオリノコ川流域)、カンポブラジル高原)、グランチャコパラグアイ)などの名称もある。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集