メインメニューを開く

サファル(صفر)とは、ヒジュラ暦の第2月ムハッラム月の次でラビー・ウル・アッワル月の前。ジャーヒリーヤ時代には「ナージル」(ناجر)と言った。 サファル(صفر ṣafr)という名の語根は、3つの基本的意味を持っている。1つ目は「口笛を吹く、シッと言う、さえずる」、2つ目は「黄色い、血色が悪い」、3つ目は「無、空虚、欠けている、ゼロ」である。この名は、「黄色」か「空虚」が語源になっていると思われる。

目次

語源編集

幾人かは「人々が旅行にいく時メッカが『カラになって』(إصفار)してしまう(つまりいなくなってしまう)」から名付けられたのだと言う。また「この月をサファルと呼ぶのは、彼らが部族を侵略して、持ち物が『ゼロ』になった人を残す(つまり持ち物を強奪されて自分のものでなくなる)」からだとも言われている。 [1]

期間編集

ヒジュラ暦太陰暦であり、新月の欠け始めが確認されてから始まる。ヒジュラ暦は純粋な太陰暦のため、太陽暦よりも11日から12日ほど短く、サファルの季節は年によって異なる。下記はサファルの最初の日と最後の日の予定である。(サウジアラビアのUmm al-Quraカレンダーに基づく。[2]))

2010年から2015年にかけてのサファル月
ヒジュラ暦 最初の日 (西暦) 最後の日 (西暦)
1431年 2010年1月16日 2010年2月14日
1432年 2011年1月5日 2011年2月3日
1433年 2011年12月26日 2012年1月23日
1434年 2012年12月14日 2013年1月12日
1435年 2013年12月4日 2014年1月1日
1436年 2014年11月23日 2014年12月22日
1437年 2015年11月13日 2015年12月11日

イスラームの出来事編集

脚注編集

  1. ^ انظر لسان العرب لابن منظور ج/4 ص/462-463
  2. ^ Umm al-Qura calendar of Saudi Arabia

外部リンク編集

関連項目編集