サフラン色(サフランいろ)は、のひとつでサフラン雌蕊から造られた染料で染めたときに発色する色である[1][2]

サフラン色
saffron yellow
 
16進表記 #FAC559
RGB (250, 197, 89[1])
CMYK (0, 21, 64, 2[1])
表示されている色は一例です

概要編集

英語のままでサフランイエロー (saffron yellow) とも呼ばれる[1][2]

サフランの雌蕊はヨーロッパでは紀元前1000年以前から黄色の染料として使用されており[2]、サフランイエローも13世紀から使われている色名である[1]。花に由来するヨーロッパの色名は大半が花冠の色に由来するが[2]、サフラン色やサフランイエローは染料の色から由来する数少ない例である[2]インドの国旗の黄色はサフランであり、ヒンドゥー教を表している。

近似色編集

参考文献編集

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e サフランイエローとは - 有限会社 創美苑が運営するサイト・Japan Style Portal内のページ。
  2. ^ a b c d e 『色の名前 IRO NO NAMAE』、149頁。

関連項目編集