メインメニューを開く
シェイクスピア著『十二夜』の初版。メインタイトル「Twelfe Night」の後に(「, Or」をはさんで)サブタイトル「what you will」が付けられている。

サブタイトル (subtitle) は、 英語(英語圏)では一般的に「字幕」のこと。 日本語で広く使われる「副題」という意味もあるが、使用頻度、認知度とも非常に低いため、 英語(英語圏)では「subtitle = 字幕」という意味で使用、認知するのが一般的ある。 英語(英語圏)で副題は、日本で言う「主題 + 副題」全てを含めて「title」と表現する。

しかし日本(日本語)では「サブタイトル = 副題」という意味として誤用され、 広く認知されてしまっているため、本来の意味、使用方法とは違うが、 日本(日本語)での意味合いの説明を記述する。

日本(日本語)においては「サブタイトル」とは 映像作品、音楽作品などにつけられる、説明的な、もしくは代替的なタイトル)である。副題(ふくだい)に同じ[1]

目的には、テーマを匂わせる、購買意欲を沸かせる、シリーズ内での位置づけを明確にする、既存のタイトルと同名になることを防ぐなどがある。

エピソードタイトル、つまりテレビシリーズで、番組のタイトルとは別に各エピソードにつけられるタイトルも、広義のサブタイトルである。ただし英語では、エピソードタイトル (episode title) と言うことが多い。

表示法編集

サブタイトルの表示法には以下のようなものがある。ただし、ワードマークと文章中での表記が異なる場合も存在する。

○○ △△
スペースで区切るもので、大半は半角が用いられる。また以下の種類において併用されることも多い。
○○〜△△〜 or 〜△△
波ダッシュチルダで区切るもの。
○○-△△- or -△△-
ハイフンマイナスで区切るもので、曲名でよく見られる。2本使いや似た約物のダッシュ(―)を使って長さをもたせていることもある。
○○/△△
スラッシュ (記号)で区切るもの。
○○:△△
コロン (記号)で区切るもので、英語圏でよく見られる。
○○、△△ or ,△△
読点コンマで区切るもの。
○○(△△)
括弧で区切るもので、主に韓国の音楽界で多く使用される方式である。

出典編集