メインメニューを開く

サランボー』(Salammbô)は、1862年に発表されたギュスターヴ・フロベールの歴史小説。

サランボー
Salammbô
1883年版のタイトルページ
1883年版のタイトルページ
作者 ギュスターヴ・フローベール
フランスの旗 フランス帝国
言語 フランス語
ジャンル 長編小説歴史小説
発表形態 書き下ろし
刊行 レヴィ書房 1862年11月24日
訳者 生田長江
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ボヴァリー夫人』(1857年)に続く2作目の長編小説で、第一次ポエニ戦争後の古代カルタゴを舞台にしている。「サランボー」はカルタゴの将軍ハミルカル・バルカハンニバルの父親)の娘という設定の女性の名で、この人物はフロベールの創作である。巫女であった彼女は、戦争後に起こった傭兵の反乱において、女神タニット英語版を祀る神殿から奪われた聖布を取り返すよう命じられ、ひとり反乱軍の指導者マトーの天幕を訪れる。彼女は聖布を取り返すが、彼女に恋焦がれるマトーと一夜をともにしたことによって彼女自身もマトーを愛するようになり、反乱の鎮圧後捕えられて儀式の生贄となったマトーの姿を見て煩悶のうちに死ぬ、という筋で、ロマン的な主題ながら写実的な表現技法がとられている。

この題材は『ボヴァリー夫人』に数年間取り組んだことで卑近な題材に飽いたフロベールの、現代から離れた理想的な主題に取り組みたいと願いから選ばれたもので、彼はこの作品を書くためにポリュビオスの『歴史』をはじめとする夥しい量の文献を渉猟し、1858年にはチュニスを実地に訪れ物語の舞台を見学した。1862年にレヴィ書店より出版されると、本作を失敗作とみなし仰々しい文章を難じたサント・ブーヴの書評をはじめとするいくらかの批判に晒されたものの、『レ・ミゼラブル』を出版したばかりのユゴーのほかボードレールゴーティエミシュレジョルジュ・サンドなどから賞賛され大衆的にも成功を収めた。宮廷やサロンでは本作がもてはやされ、仮面舞踏会でカルタゴ風の衣装が流行するなど当時のモードにも影響を与えている。後にはムソルグスキーの未完の作品をはじめとする複数のオペラ化の試みのほか映画などの題材にもなった。この内、実現したものにはエルネスト・レイエルフランス語版(1823 – 1909)のオペラ『サランボー英語版』(1890年初演)がある[1]

ギャラリー編集

サランボーを描いた美術作品。

|

脚注編集

  1. ^ 『オックスフォードオペラ大事典』P266

参考文献編集

  • ギュスターヴ・フローベール; 芳川泰久訳 『ボヴァリー夫人』 新潮文庫、2015年6月。ISBN 978-4102085028 
  • フロベール『サランボオ』神部孝訳、角川文庫(上下)、1954年、復刊1990年
  • アンリ・トロワイヤ 『フロベール伝』 市川裕見子・土屋良二訳、水声社、2008年
  • 『オックスフォード オペラ大事典』ジョン・ウォラック/ユアン・ウエスト編、大崎滋生・西原稔監訳、平凡社、1996年

外部リンク編集