サラーミシュアラビア語: الملك العادل بدر الدين سلامش بن الملك الظاهر بيبرس 転写:al-Malik al-‘Ādil Badr ad-Dīn Salāmish b. al-Malik aẓ-Ẓāhir Baybars, 1272年 - 1291年)は、マムルーク朝バフリー・マムルーク朝)のスルターン(在位:1279年)。略してアーディル・サラーミシュ الملك العادل سلامش al-Malik al-‘Ādil Salāmish とも呼ぶ。またサラーミシュの部分はスラーミシュ Sulāmish とも言う。第5代スルターン・アッ=ザーヒル・バイバルスの子で、第6代スルターン・バラカの弟にあたる[1]

サラーミシュ
سلامش
マムルーク朝第7代スルターン
在位 1279年

出生 1272年
死去 1291年
家名 バイバルス家
王朝 バフリー・マムルーク朝
父親 アッ=ザーヒル・バイバルス
宗教 イスラム教スンナ派
テンプレートを表示

生涯編集

1279年にマムルーク朝の将軍たちによってバラカが廃位された後、当時7歳のサラーミシュがスルターンに擁立された[2]。政府の有力者であった将軍カラーウーンがサラーミシュの後見人となり、政務・軍事を取り仕切り、公衆礼拝で読み上げられるフトバ英語版にはサラーミシュの名の次にカラーウーンの名が入れられた[1][2]

カラーウーンの下でバイバルス家を支持する将軍たちは排除され、カラーウーンの支持者たちが起用された[1][2]。1279年11月27日にサラーミシュは廃位され[2]、カラーウーンがマムルーク朝のスルターンに即位した。

サラーミシュは廃位された後、カラクに移された[2]1280年ダマスカス総督ソンコル(サンカル)がカラーウーンに対して反乱を起こした時、サラーミシュも反乱に加わった[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d 大原『エジプト マムルーク王朝』、61-63頁
  2. ^ a b c d e C.M.ドーソン『モンゴル帝国史』5巻(佐口透訳注, 東洋文庫, 平凡社, 1976年12月)、103頁

参考文献編集

  • 大原与一郎『エジプト マムルーク王朝』(近藤出版社, 1976年10月)