サリーム・アリー

サリーム モイズディン アブドゥル アリー (Sálim Moizuddin Abdul Ali、1896年11月12日1987年6月20日)[1]は、インド鳥類学者および博物学者。「インドの鳥人」と呼ばれることもあるアリは、インド全土で体系的なの調査を実施した最初のインド人であり、インドで鳥類学を普及させるいくつかの鳥の本を書いた。 彼は1947年以降、ボンベイ自然史協会の重要人物となり、彼の個人的な影響力を利用して、政府の支援を獲得し、バーラトプール鳥類保護区(ケオラデオ国立公園)を作成し、現在のサイレントバレー国立公園の破壊を防いだ。 シドニー・ディロン・リプリーと一緒に、彼はインドとパキスタンの鳥の画期的な10巻のハンドブックを書いた。その第2版は彼の死後に完成した。 彼は1958年パドマ・ブーシャン勲章を、1976年にパドマビブーシャンを授与された。これはそれぞれインドで3番目と2番目に高い民間人の栄誉である。いくつかの種類の鳥、いくつかの鳥類保護区および施設が彼にちなんで名付けられた[2]

サリーム・アリー
人物情報
生誕 (1896-11-12) 1896年11月12日
Flag of Imperial India.svgイギリス領インド帝国
死没 (1987-06-20) 1987年6月20日(90歳没)
インドの旗 インドムンバイ
国籍 インドの旗 インド
配偶者 Tehmina Ali
学問
研究分野 鳥類学博物学
主要な作品

The fall of a sparrow、

The Book of Indian Birds
主な受賞歴 パドマ・ブーシャン勲章(1958年)、  パドマビブシャン(1976年)、  J. Paul Getty Award for Conservation Leadership(1975年)
テンプレートを表示

幼年期編集

ビルマとドイツ編集

 
コイワスズメ

[3]

鳥類学編集

 
メアリーとディロンリプリーとのコレクション旅行(1976年)
 
サリーム・アリーがマイソール州の調査中に収集した標本のラベル

その他の貢献編集

 
アリとKSRクリシュナラジュ、1975年

個人的な見解編集

栄誉と記念碑編集

 
1996年のインドの切手にバーラトプルとサリムアリで描かれたコウノトリ
 
サリムアリにちなんで名付けられたランガナーティトゥ鳥類保護区の通訳センター

参考文献編集

  1. ^ Perrins, Christopher (1988). “Obituary:Salim Moizuddin Abdul Ali”. Ibis 130 (2): 305–306. doi:10.1111/j.1474-919X.1988.tb00986.x. 
  2. ^ Padma Awards”. Ministry of Home Affairs, Government of India (2015年). 2015年7月21日閲覧。
  3. ^ Ali, S (1929). “A note on the work of nature study teaching at the Prince of Wales' Museum, Bombay, from 16th November 1926 to 10th February 1928”. J. Bombay Nat. Hist. Soc. 33: 163–165. https://www.biodiversitylibrary.org/page/47859938. 
自伝
  • アリ、サリム(1985)スズメの堕落オックスフォード大学出版局ISBN 0-19-562127-1ISBN 0-19-562127-1

外部リンク編集