サンクトペテルブルク交響楽団

サンクトペテルブルク交響楽団: Академический симфонический оркестр Санкт-Петербургской филармонии: St.Petersburg Academic Symphony Orchestra)は、ロシアサンクトペテルブルクを本拠とするオーケストラ。サンクトペテルブルク・フィルハーモニア協会付属の2つのオーケストラのうちの1つ[1]。本来は「サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団」と同名称であるが、混乱を避けるため便宜上「サンクトペテルブルク交響楽団」と呼ばれている[2]

サンクトペテルブルク交響楽団
出身地 ロシアの旗 ロシア
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1931年~
公式サイト ホームページ

概要編集

1931年に、サンクトペテルブルク放送のオーケストラとして設立。ソ連時代には「レニングラード交響楽団」と呼ばれていた。

1953年に、レニングラード・フィルハーモニア協会の傘下となる。歴代の首席指揮者をアルヴィド・ヤンソンス、ユーリ・テミルカーノフらが務めた。1977年から2018年までアレクサンドル・ドミトリエフが芸術監督兼首席指揮者を務め、現在はウラディーミル・アリトシュレルが首席指揮者を務めている。

レコーディングとして、ドミトリエフ指揮でチャイコフスキーラフマニノフの交響曲シリーズや、小松一彦指揮で貴志康一作品集などがある。

来日公演編集

日本でも何度か公演しており、特に2007年秋に、東京・日比谷公会堂井上道義が行ったショスタコーヴィチ交響曲連続演奏会において、最初の4回のコンサートで1~3、5~7、10、13番の8作品をまとめて上演したことが大きな話題となった。

脚注編集

  1. ^ もう一方は現在ユーリ・テミルカーノフが音楽監督を務めるサンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団で、こちらの方が良く知られている。
  2. ^ 所謂「サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団」には「ロシア功労団体」の称号 (副名)があるという違いはある。フィルハーモニア協会自体は「ショスタコーヴィチ記念」を冠しているので、「ショスタコーヴィチ記念サンクトペテルブルク交響楽団」と日本語表記されたものもある。

関連項目編集

外部リンク編集