メインメニューを開く

サンデープレゼント』は、1958年3月から1969年6月まで日本テレビ系列局が編成していた単発特別番組枠である。

(東芝)サンデープレゼント
ジャンル 単発特別番組枠
出演者 放送番組に準ずる
制作 日本テレビ
読売テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
1958年3月から1968年3月まで
放送期間 1958年3月 - 1968年3月
放送時間 日曜 14:30 - 16:00
放送分 90分
1968年4月から1969年6月まで
放送期間 1968年4月 - 1969年6月
放送時間 日曜 14:30 - 15:45
放送分 75分
テンプレートを表示

概要編集

直前の時間帯に編成されていた『加美乃素日曜劇場』(以下「日曜劇場」と表記)とともにスタートした枠で、『日曜劇場』が舞台中継を主にしていたのに対し、本枠は歌謡番組をメインとし、その一方で舞台中継も放送するという形態を採っていた。また、『日曜劇場』と同様に当初は日本テレビが単独で製作していたが、後に読売テレビとの共同製作へ移行した。

1968年に『日曜劇場』が放送番組のジャンルを変え、タイトルを『日曜ビッグバラエティ』と改めた後も本枠は続いていたが、その半年後には本枠も解体された。

編成時間編集

基本時間は、1968年3月までは日曜 14:30 - 16:00 (日本標準時)だったが、それ以降は『日曜映画劇場』(第1期)が15:45 - 17:10に編成されたのに伴い、14:30 - 15:45にまで縮小した。いずれの時期にも『日曜劇場』と同様に放送枠が拡大または縮小することがあり、『日曜劇場』と枠を交換することもあった。また、プロ野球中継(オープン戦・開幕戦・日本シリーズなど)やその他の中継が行われる日には休止していた。

提供編集

1961年までは東京芝浦電気(現・東芝)の一社提供で、正式タイトルも『東芝サンデープレゼント』と同社の名を冠していたが、それ以降は東芝を除く複数社提供になり、タイトルから社名が外された。

放送番組編集

  • ビクター歌の大行進(1962年10月14日、日本テレビ制作)
  • 花影屋しずく(1963年5月5日、日本テレビ制作) - プロ野球中継の雨天中止によって放送。
  • 気まぐれ夜間旅行(1964年5月10日、日本テレビ制作)
  • 曽我廼家家摂の?生活40年(1965年5月16日、よみうりテレビ制作)
  • 橋幸夫夢のヒットパレード(1966年5月8日、日本テレビ制作)
  • 全員集合! ザ・ドリフターズ(1967年4月23日、日本テレビ制作)
  • クラウン夢のパレード(1967年10月29日、日本テレビ制作)
  • 世界大魔術団(1968年5月3日、日本テレビ制作)
  • コント55号春のおどり(1969年4月27日、日本テレビ制作)
  • ほか

出典編集

  • 『大衆とともに25年:沿革史』日本テレビ放送網、1978年、434 - 478頁。

関連項目編集

日本テレビ系列 日曜14:30枠
前番組 番組名 次番組
(東芝)サンデープレゼント
(1958年3月 - 1969年6月)
日曜スター劇場
(1969年7月 - 1970年3月)
※14:30 - 15:30
ワールドトピックス
※15:30 - 15:45
日本テレビ系列 日曜15:45枠
プロ野球中継ほか
(東芝)サンデープレゼント
(1958年3月 - 1968年3月)
※1968年4月以降廃枠
日曜映画劇場(第1期)
(1968年5月5日 - 1969年3月)
※15:45 - 17:10