メインメニューを開く

概要編集

 
サントンの夜景

ヨハネスブルグ中心部の治安悪化に伴い、アフリカーナーなどの白人富裕層が北部のサントン地区に移住し、ヨハネスブルグ経済の中心地として発展している。商業施設や企業には武装警備員が常駐しており、白昼は比較的治安は維持されているが、夜間の治安は必ずしも安全であるとは言えない。

歴史編集

1969年、ヨハネスブルグの市域拡大に伴い合併したが、中心部に比べて産業等は発展しなかった。しかし1990年代、アパルトヘイトの廃止により、各地からの人口流入に伴い、市街地区域が拡大しサントンもインフラ基盤の整備が促進された。

地理編集

産業編集

アパルトヘイト政策の廃止以降、極端に治安が悪化したヨハネスブルグの中央商業地区に代わり、経済活動の中心地となりつつある。JSE(ヨハネスブルグ証券取引所)など、本社機能をサントンへ移転する企業が後を絶えず、中央商業地区のドーナツ化現象が懸念されている。

交通編集

2010年ハウトレインが開通と同時にサントン駅が開業した。それによってサントンからヨハネスブルグ中央地区、O・R・タンボ国際空港プレトリアへの鉄道移動が可能となった。

観光編集

商業施設編集

中心部にあるサントン・シティの売場面積は144,000m2で、アフリカ大陸最大の複合商業施設である[1]。また、ネルソン・マンデラ・スクウェアには、反アパルトヘイト運動の中心人物で第11代大統領であるネルソン・マンデラの業績を称え、2004年3月にサントン・スクウェアから改称するとともに約6mのマンデラ像が建立されている。

宿泊施設編集

教育編集

スポーツ編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ ネルソン・マンデラ・スクウェアを含む

外部リンク編集