サント・アンタン島

サント・アンタン島Santo Antão、カーボベルデ・クレオール語:Sontonton)は、バルラヴェント諸島を構成するの1つである。この島はカーボベルデに属しており、同国における最西端にあたる。人口は38,200人[1]。島の名は、聖アントニウスにちなむ。

サント・アンタン島
愛称: Ilha das montanhas (island of the mountains)
Bela-vista-net-Santo Antao-map.jpg
サント・アンタン島の位置(カーボベルデ内)
サント・アンタン島
サント・アンタン島
サント・アンタン島の位置(大西洋内)
サント・アンタン島
サント・アンタン島
地理
場所 大西洋
座標 北緯17度04分12秒 西経25度10分16秒 / 北緯17.070度 西経25.171度 / 17.070; -25.171
面積 785 km2 (303 sq mi)
長さ 42.8 km (26.59 mi)
24.0 km (14.91 mi)
最高標高 1,978 m (6490 ft)
行政
人口統計
人口 38,200
人口密度 48.66 /km2 (126.03 /sq mi)
テンプレートを表示

地理編集

火山性の島であり、中央を走る山脈によって南北に分けられている。島の最高峰はトポ・デ・コロアである。北岸にある中心の町ポンタ・ド・ソルには空港が設置されている。また、フェリーが出ている港としては、南岸のノヴォ港が挙げられる。南東部の島の一部は砂漠気候で、北西部はそれに似ているものの降雨量は南東部と比べれば多い。谷は激しい浸食が進む。

島の火山は玄武岩からなる。火山の多く、特にカルデラはまだできて年数が浅い。1999年以降、火山学者が、新たな噴火が起きると予想されているポンタ・ド・ソル地域の海水温の上下を観察し続けている。

歴史編集

島は1462年にディオゴ・アフォンソによって発見された。現在の名前が付けられたのは1500年代からである。最初の定住は1548年に行われ、その後17世紀に、サンティアゴ島フォゴ島、北ポルトガルからの人々が島北部のヴィラ・ダ・リベイラ・グランデへ到着した。のち、ワインコーヒーが島の重要な輸出品となった。

経済編集

漁業と農業が主幹産業である。サトウキビキャッサバヤムイモバナナマンゴー、穀物が生産される。ラム酒も作られている。この他、観光が伸びてきており、田舎の観光インフラストラクチャーへ投資がされている。

行政編集

島は3つの基礎自治体がある。

教区と自治体編集

言語編集

公用語であるポルトガル語より、島民の多くはカーボベルデ・クレオール語を話す。

脚注編集

  1. ^ Instituto Nacional de Estatística, Cabo Verde (web).

外部リンク編集