サンドウェ(သံတွဲမြို့、Thandwe) は、ミャンマー西部ラカイン州の町であり、主要な港である。 サンドウェの歴史は非常に古く、一時はラカイン州(当時はアラカンと呼ばれていた)の州都だったと言われている。地区の面積は3,784平方マイル(9,800km2)。山地が多く、アラカン山脈のスパーズが海岸に達している。北部のいくつかの山脈の標高は4,000フィート(1,200メートル)を超える。流れは海岸から数マイル以内の山の急流だけで、クワ川の河口は小舟のための良い停泊地を形成している。アラカン山脈とそのスパーズの岩石は変成岩で、粘土、粘板岩、鉄岩、硬結砂岩などが含まれている。1961年から1990年の間、年間平均降水量は5,323ミリメートル(209.6インチ)であった。数エーカーのタバコ栽培を除き、すべての栽培は稲作である。

サンドウェ
Thandwe
位置
サンドウェの位置(ミャンマー内)
サンドウェ
サンドウェ
サンドウェ (ミャンマー)
サンドウェの位置(東南アジア内)
サンドウェ
サンドウェ
サンドウェ (東南アジア)
座標 : 北緯18度27分58秒 東経94度22分04秒 / 北緯18.46611度 東経94.36778度 / 18.46611; 94.36778
行政
ミャンマーの旗 ミャンマー
 州 ラカイン州の旗 ラカイン州
 町 サンドウェ
人口
人口 (2014現在)
  町域 133,484人
その他
等時帯 ミャンマー標準時 (UTC+6:30)
市外局番 4365

語源編集

歴史編集

地理編集

気候編集

熱帯モンスーン気候(ケッペン気候分類Am)である。気温は一年を通して非常に暑い。冬の乾季(11月~4月)と夏の雨季(5月~10月)がある。6月から9月にかけて集中豪雨が降り、6月、7月、8月の各月には1,200ミリ(47インチ)以上の雨が降ることもある。1905年の降水量は230.49インチ(5,854mm)。

人口編集

文化編集

交通編集

バゴー管区ピイ からは、アラカン山脈を越え、Taunggoke を経由して、サンドウェに到達する事が出来る。市から7km離れたところに、政府が主要な観光地として指定している、長さ3kmにも及ぶンガパリビーチがあり、まだ手のつかない優良な海水浴スポットとしても名高い。 サンドウェには、サンドウェ空港がある。

経済編集

教育編集

施設編集

出典編集

[脚注の使い方]