南サンボアンガ州

フィリピンの州
サンボアンガ・デル・スル州の位置

南サンボアンガ州Province of Zamboanga del Sur)は、フィリピン南部のミンダナオ島西部に伸びるサンボアンガ半島南海岸と半島の付け根にあたる共にサンボアンガ半島地方Zamboanga Peninsula, Region IX)に属している部分のである。州都は東側のパガディアンPagadian)。面積4,964.1km2、人口1,010,674人(2015年)。サンボアンガ半島の先端にあるサンボアンガ市は、統計上は南サンボアンガ州の一部とされる。

歴史編集

2001年2月22日、中央部がサンボアンガ・シブガイ州として分離したために南サンボアンガ州西側全域のサンボアンガ市は飛び地となった。

2013年9月、サンボアンガ市でZamboanga City crisisがあり、州から独立した状態(バンサモロ英語版バンサモロ共和国2013年)である。

関連項目編集