メインメニューを開く

サーニャ・マラグルスキ

サーニャ・マラグルスキセルビア語: Сања Малагурски[1]1990年6月8日 - )は、セルビアヴォイヴォディナ自治州スボティツァ出身の女子バレーボール選手。ポジションはウイングスパイカーセルビア代表

サーニャ・マラグルスキ
Сања Малагурски
 No.3
Volleyball (indoor) pictogram.svg
Sanja Malagurski 2.jpg
基本情報
国籍 セルビアの旗 セルビア
生年月日 (1990-06-08) 1990年6月8日(28歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗スボティツァ
ラテン文字 Sanja Malagurski
セルビア語表記表記 Сања Малагурски
身長 193cm
体重 77kg
選手情報
所属 トルコの旗 İdmanocağı
ポジション WS
利き手
スパイク 305cm
ブロック 295cm
 
獲得メダル
Flag of Serbia.svg セルビア
欧州選手権
2011 イタリア/セルビア
ワールドグランプリ
2011 澳門
ヨーロッパリーグ
2011 イスタンブール
2009 カイセリ
テンプレートを表示

目次

来歴編集

2007セルビアユース代表の主将を務め、2007欧州ユース選手権準優勝、2007ユース世界選手権4位入賞にチームを導いた。

2008年シニア初代表。北京五輪欧州大陸予選でセルビア代表としてデビューし、2008年北京オリンピックに出場した。

2009年、ヨーロッパ選手権に出場、2010年のヨーロッパリーグ優勝に貢献した。同年の世界選手権では1次ラウンドの日本戦に途中出場するなど、同じポジションのブラコチェビッチの控えながらも迫力のある攻撃が魅力である。[要出典]


2011年ヨーロッパリーグでは3連覇、ワールドグランプリではポジションを転向、ポイントゲッターとして活躍し、初出場で3位へと導いた。ヨーロッパ選手権では、決勝で途中出場で大活躍し、チームを初優勝に貢献した。

2011年11月のワールドカップ韓国戦で右膝十時靭帯を損傷し、長期離脱を余儀なくされた。2013年FIVBワールドグランプリで代表復帰を果たした。

2013-14シーズンにはブラジルリーグの強豪オザスコへ移籍し、世界クラブ選手権で銀メダルを獲得した。

球歴編集

所属クラブ編集

脚注編集

  1. ^ セルビア語ラテン翻字: Sanja Malagurski

外部リンク編集