メインメニューを開く

バレーボール世界選手権

バレーボール世界選手権(バレーボールせかいせんしゅけん、英語: FIVB Volleyball World Championship)は、国際バレーボール連盟が主催するバレーボールの世界大会である。国際バレーボール連盟が初めて作ったバレーボールの世界大会であり最も伝統のある大会である。

バレーボール世界選手権
開始年 1949
主催 国際バレーボール連盟
参加チーム数 24
前回優勝 男子:Flag of Poland.svg ポーランド
女子:Flag of the United States.svg アメリカ合衆国
最多優勝 男子:Flag of Russia.svg ロシア (6)
女子:Flag of Russia.svg ロシア (7)
サイト FIVB
テンプレートを表示

日本国内での通称は「世界バレー」または「世バレ」。全てのスポーツにある「世界選手権大会」の一つ。1962年大会から[1]4年に1度(オリンピックの中間年)開催されている。

ワールドカップオリンピックと併せて「バレーボール3大大会[2] として位置づけられている。

目次

概要編集

1949年に第1回男子大会がチェコスロバキアプラハで開催された。試合会場は屋外テニスコートを再利用したものであった。参加国は全部で10カ国でヨーロッパに限定されていたため事実上の『ヨーロッパ選手権』であった。1952年より女子も開催。

日本が世界選手権に初参加したのは1960年であり、このときの結果は男子が8位、女子が2位であった。1962年の女子大会では日本がソ連を破り優勝した。ここからしばらくの間、日本とソビエトの2強時代が続いた。日本は1962年から1974年までの4つの世界選手権のうち3回金メダルを獲得した。

1962年大会を経て、1964年にバレーボールがオリンピックの正式種目になった後の1966年からは、4年に1度オリンピックの中間年に開催されるようになった[1]。世界一を決める唯一の大会ではなくなり、次期オリンピックへの重要な前哨戦という位置づけとなった。

1967年の女子大会は1月に日本で開催されたが、北朝鮮が正式国名が呼ばれず国旗掲揚、国歌演奏が行われなかったことを不服として参加を拒否し、これにソ連が同調し参加を取りやめたため、参加国はわずか日本、アメリカ韓国ペルーの4カ国しかなかった。日本が優勝したものの史上もっとも盛り上がらない大会となり、世界選手権の伝統と権威が揺らぐものとなった。

1970年には、アフリカ大陸からも出場し、5大陸すべてから出場するという当初の目標を達成し本当の意味で『世界選手権』となった。

1998年には日本で男女の大会が開催された。男女共同開催は1974年のメキシコ大会以来のことである。

2002年の女子大会は優勝候補と言われていた中国が準決勝でイタリアに敗れるという波乱があった。イタリアは決勝でアメリカに勝って初優勝した。

2006年は男女とも日本で開催されたが、2005年11月には2010年の女子大会も日本で行われることが決定した。女子大会が2大会連続で同一国で開催されるのは史上初である。2005年12月には2010年の男子大会がイタリアで行われることが決定した。2006バレーボール世界選手権の組み合わせ抽選会が2005年11月、東京都内で開かれ、開催国の日本は男女とも1次リーグA組にシードされた。

2014年大会よりビデオ判定を求める「チャレンジシステム」が導入された[3]

競技方式編集

出場枠編集

出場国の数は何度も変更が行われているが、現在世界選手権に出場できるのは全部で24カ国であり、オリンピック(12カ国)、ワールドカップ(12カ国)を規模で上回る。開催国と前回大会優勝国が出場できるほか、各大陸における予選を勝ち抜いた上位チームが出場することができる。出場できるチームの数の各大陸の内訳はFIVBランキングを元に決定される。

試合方式編集

  • 2006年大会では、男女各24チームが1次リーグで6組に分かれ、各組1-3位が2次リーグに進出。2次リーグでは18チームが2組に分かれ、各組1-2位が1-4位決定戦に、3-4位が5-8位決定戦に、5-6位が9-12位決定戦に進出(但し各チームは1次リーグで戦った国とは対戦せず、1リーグでの成績をそのまま持ち越し)。1-4位決定戦、5-8位決定戦、9-12位決定戦はそれぞれノックアウトトーナメント。なお、CMを入れるため、日本の試合のみテクニカルタイムアウトが30秒長く、放送時間を調整できるよう第2、第3セットの間に10分間の休憩を設けた[4]
  • 2010年大会では、24チームが1次リーグで6組に分かれ、各組1-3位が2次リーグに進出。2次リーグでは18チームが6組に分かれ、各組1-2位が3次リーグに進出。3次リーグでは12チームが4組に分かれ、各組1位が1-4位決定戦に、各組2位が5-8位決定戦に、各組3位が9-12位決定戦に進出。1-4位決定戦、5-8位決定戦、9-12位決定戦はそれぞれノックアウトトーナメント。

歴代開催国と大会順位編集

男子編集

  • 数: 本戦の参加チーム数。
開催年 開催国   優勝   準優勝 3位 4位
1949年第1回 10   チェコスロバキア   ソビエト連邦   チェコスロバキア   ブルガリア   ルーマニア
1952年第2回 11   ソビエト連邦   ソビエト連邦   チェコスロバキア   ブルガリア   ルーマニア
1956年第3回 24   フランス   チェコスロバキア   ルーマニア   ソビエト連邦   ポーランド
1960年第4回 14   ブラジル   ソビエト連邦   チェコスロバキア   ルーマニア   ポーランド
1962年第5回 19   ソビエト連邦   ソビエト連邦   チェコスロバキア   ルーマニア   ブルガリア
1966年第6回 22   チェコスロバキア   チェコスロバキア   ルーマニア   ソビエト連邦   東ドイツ
1970年第7回 24   ブルガリア   東ドイツ   ブルガリア   日本   チェコスロバキア
1974年第8回 24   メキシコ   ポーランド   ソビエト連邦   日本   東ドイツ
1978年第9回 24   イタリア   ソビエト連邦   イタリア   キューバ   韓国
1982年第10回 24   アルゼンチン   ソビエト連邦   ブラジル   アルゼンチン   日本
1986年第11回 16   フランス   アメリカ合衆国   ソビエト連邦   ブルガリア   ブラジル
1990年第12回 16   ブラジル   イタリア   キューバ   ソビエト連邦   ブラジル
1994年第13回 16   ギリシャ   イタリア   オランダ   アメリカ合衆国   キューバ
1998年第14回 24   日本   イタリア   ユーゴスラビア   キューバ   ブラジル
2002年第15回 24   アルゼンチン   ブラジル   ロシア   フランス   ユーゴスラビア
2006年第16回 24   日本   ブラジル   ポーランド   ブルガリア   セルビア・モンテネグロ
2010年第17回 24   イタリア   ブラジル   キューバ   セルビア   イタリア
2014年第18回 24   ポーランド   ポーランド   ブラジル   ドイツ   フランス
2018年第19回 24   イタリア
  ブルガリア
  ポーランド   ブラジル   アメリカ合衆国   セルビア

女子編集

  • 数: 本戦の参加チーム数。
開催年 開催国   優勝   準優勝 3位 4位
1952年第1回 08   ソビエト連邦   ソビエト連邦   ポーランド   チェコスロバキア   ブルガリア
1956年第2回 17   フランス   ソビエト連邦   ルーマニア   ポーランド   チェコスロバキア
1960年第3回 10   ブラジル   ソビエト連邦   日本   チェコスロバキア   ポーランド
1962年第4回 14   ソビエト連邦   日本   ソビエト連邦   ポーランド   ルーマニア
1967年第5回 04   日本   日本   アメリカ合衆国   韓国   ペルー
1970年第6回 16   ブルガリア   ソビエト連邦   日本   北朝鮮   ハンガリー
1974年第7回 23   メキシコ   日本   ソビエト連邦   韓国   東ドイツ
1978年第8回 23   ソビエト連邦   キューバ   日本   ソビエト連邦   韓国
1982年第9回 24   ペルー   中国   ペルー   アメリカ合衆国   日本
1986年第10回 16   チェコスロバキア   中国   キューバ   ペルー   東ドイツ
1990年第11回 16   中国   ソビエト連邦   中国   アメリカ合衆国   キューバ
1994年第12回 16   ブラジル   キューバ   ブラジル   ロシア   韓国
1998年第13回 16   日本   キューバ   中国   ロシア   ブラジル
2002年第14回 24   ドイツ   イタリア   アメリカ合衆国   ロシア   中国
2006年第15回 24   日本   ロシア   ブラジル   セルビア・モンテネグロ   イタリア
2010年第16回 24   日本   ロシア   ブラジル   日本   アメリカ合衆国
2014年第17回 24   イタリア   アメリカ合衆国   中国   ブラジル   イタリア
2018年第18回 24   日本

脚注編集

  1. ^ a b 1966年大会は、女子はペルー、メキシコの相次ぐ開催地返上を経て、1967年1月に日本で開催。
  2. ^ コトバンク(「知恵蔵2008」)
  3. ^ 月刊バレーボール 2014年10月号 141ページ
  4. ^ 「TV演出 過剰?必要? バレー世界選手権中継」『朝日新聞』2006年11月21日付朝刊

関連項目編集

外部リンク編集