ザガット・サーベイ

ザガット・サーベイ(Zagat Survey)は、1979年に発行されたニューヨークレストラン案内書に始まった評価システムである。現在では世界70都市以上のレストランを始め、ホテル航空会社映画など各種の格付けを行いガイドブックとして発行、またインターネットで開示するなどしている。Google によって現地時間の2011年9月8日に買収された。

概要編集

ニューヨークに住む弁護士ティム・ザガット(Tim Zagat)、ニーナ・ザガット(Nina Zagat)夫妻によって、料理評論家だけに頼るレストランガイドの信憑性に疑問を抱き、「食」を愛する一般の人々へのアンケートによる回答を統計処理する方法を考案、1979年に創刊された。現在ではアメリカを中心に世界88都市のガイドが発行されている。1999年、ザガットサーベイの手法をそのままに、日本で初めて東京のサーベイを実施したのは株式会社CHINTAI。同CHINTAIは1997年、「ハワイガイド翻訳版」を手掛けている。以降京阪神エリアをまとめた関西版を追加し、現在まで10年以上に渡り、同CHINTAIが日本版の製作・発刊・販売権を有してきた。

ヨーロッパの評価ガイドにみられるような特定の著者や調査員による主観的な評価ではなく、一般のレストラン利用者へのアンケート結果をもとにしたアメリカらしい民主的かつ客観的な評価を特徴とし、マーケティング結果を精査した客観的な情報は信頼性が高い。評価はFood(料理)、Decor(内装)、Service(サービス)の3項目をそれぞれ30点満点で採点するもので、それにディナーと飲み物1杯分の平均価格とアンケートへの回答を引用した紹介文が付される。近年ではアンケートはインターネットを利用して行われており、全世界で約25万人、日本で約5000人以上が調査に参加している。東京版のデータによると、投票参加者の男女比は約50:50で、投票の主要参加者層は30〜40歳代が中心とされている。投票参加者には、謝礼として投票に参加した本が無料で贈呈される。それだけに、いかに消費者の参加を重視しているかがうかがえる。権威・主観的に評価を下すその他多くのガイドブックとは一線を画し、あくまで利用者側の立場に立って民主的かつ具体的にレストランを評価している点が最大の特徴である。それゆえ、格付け本ということ以上に、日常的にレストランを利用する際の“目的別選択ツール”として、実用的に愛用する読者は多い。とりわけ地場である米国での認知度は高く、「投票に参加する=食の評価に参加する知識がある」という観点から、投票に参加すること、ザガットを持ち歩いて利用することがビジネスマンのステイタスとなるほど、その存在は浸透している。実際に米国では、多くのザガット掲載店がそのドアに誇らしげに“ZAGAT RATED”のステッカーを掲示している様子がうかがえる。

ザガットサーベイのビジネススキームは、一般書店で販売される「書店流通版」と、表紙をカスタマイズし企業のノベルティとして利用する「法人版」の2種類が存在する。特に外資系企業による法人版の認知は高く、金融関係、高級宝飾店等による販促・営業、ノベルティツールとしての需要は高い。さらに、テレビ局等メディア名による表紙、内容を持った“オリジナル版”などは、コレクターズアイテム化しているという。

日本版の発刊権利を持つCHINTAIでは、当初ニューヨークとの交渉の難しさに不定期発刊であったが、2005年から他の出版社から同社へ移籍した高田明彦氏が新編集長に就任してからは、東京版の秋口定時発刊がなされるようになった。その結果、書店での販売キャンペーンや法人版(装丁を企業のオリジナルデザインにアレンジしたノベルティ用販売)の早期受注を可能にするなど、制作面、販売面の安定化という大事な変革をもたらした。

定時発刊のスキームは日本版のその後の展開にも大きな影響を及ぼしている。「消費者による評価ガイド」という独自の内容が地方自治体である長野県[2]に認められ、2009年3月には日本で初めての地方版観光ガイドとなる「長野のレストラン&ホテル」を発行した。その投票参加者は10,000人を超え、ザガット独自のノウハウによる票の精査により、有効投票者数は5,081人と報じられている。行政においても「消費者視線の重要性」が再認識されている昨今、消費者による客観的な評価ガイドであるザガットサーベイを自治体が採用するという取り組みは、地域活性化の手法として高い注目を浴びている。ザガット長野版の発刊理念について地域の経済界も賛同し、投票参加促進、告知活動等において様々なスタンスで支援している。 2009年3月19日に発刊を迎えた長野版は、県内書店において完売店続出、地元有力紙による書店への取材では「ミシュランガイド発刊時以上の反応」と記している。その後長野県内の高得点を得たレストラン情報を抜粋し英語版に翻訳したガイドブックも制作され、「長野のレストラン&ホテル」は10万部を完売し、地方版としてベストセラーとなった。行元のCHINTAIは、数多くのメディア取材に対し、「すでに複数の地方自治体、民間団体から、地域版の発刊打診を受けている」とコメントしている。

続く2011年3月24日には、京都市との産官協働事業により、長野版同様の『京都のレストラン&ホテル』という名の観光ガイドが発刊された。この発刊において、消費者投票の段階から京都市観光協会の声掛けにより、経済界など多くの参加が奨励され、同年3月23日には東山の清水寺境内において発刊プロモ―ションイベントが計画された。これには掲載された高評価のレストランやホテルの代表はもとより、経済界をはじめ寺社界、茶道界、華道界といった京都の重鎮達も参加が決まっており、オープニングアクトは同じニューヨークにゆかりのある”ブルーマン”が清水寺の境内でペイントドラムを披露するという企画であった。しかしながら、3.11に起きた東日本大震災の影響によりイベントは中止、”幻の発刊プロモーション”となった。”清水寺でブルーマンがペイントドラムを叩く”という企画は想像しただけでもエキサイティングであるが、このようなイベントを清水寺が承諾するのも異例中の異例と言える。

震災による甚大な被害に、日本は世界中から様々な形で支援を受けたが、訪日観光客が激減した日本政府観光局とザガット日本版編集長の発案により、民間と政府との協業事業としてザガット東京と京都の英語版コンテンツを活用した『Japan Thank you Guide』を発行(非売品)。外務省、農水省などの各国拠点を通じ世界各地でこれを配布することで、訪日観光の訴求と各国への支援の感謝の意を伝える特別な取り組みとなった。ちなみにこの特別版の巻頭には、京都菊乃井の村田吉弘氏、脚本家の小山薫堂氏らが寄稿しており、日本のグローバル企業であるJAL(日本航空)、ホテルニューオータニ、東京スカイツリー(東武鉄道)他多くの企業が広告出稿している。

その後は横浜市との共同参画事業の一環として、東京版への横浜エリアのレストラン掲載などが行なわれている。

2011年、ニューヨークのザガット社はGoogle社へ会社を日本円にして約150億円でバイアウトし、ホリエモンこと堀江貴文氏はそのニュースを受け、「この手のお買い得な情報はマーケットに出る前に話が決まってしまうものだ」とその価値を評価している。当時Google社はザガットサーベイを自社のキラーコンテンツとすべくデジタルデータの利用を目論んでいたため、ガイドブックとしての日本版の発行は『2013 東京のレストラン』を最後に発刊契約を満了とした。現在のZAGATはGoogle社から別の米国系IT企業の手に渡り、運営されている。

日本版編集

1999年平成11年)、株式会社賃貸住宅ニュース社(現・CHINTAI)から刊行された。現在は東京版と京阪神版のほか、2009年に刊行された長野[1]「長野のレストラン&ホテル」は、長野県を食材の宝庫と知る多くの食通たちに評価され、10万部のベストセラーとなる。2011年に刊行された「京都のレストラン&ホテル」は長野県に続く京都市観光協会との産官協働事業の2例目となるが、同年3月には清水寺の境内において発刊プロモーションイベントが計画され話題となった。

2007年秋にフランスのミシュランガイドが日本に初上陸した際、国内でもアメリカのザガットかフランスのミシュランか、と大いに話題になった。アメリカの新聞 『ニューヨーク・タイムス』は2008年2月、前年に発行されたレストラン格付け本「ミシュランガイド東京版」が話題となったことについて、日本人特有のフランスや海外の珍しいものへの憧憬がその理由のひとつであるとの分析を紹介した[2]。その年のザガットサーベイ日本版は、前年の150%の実売数を挙げたとメディアの取材に答えている。

日本版発行リスト編集

  • 2008年10月27日、「2009 東京のレストラン」発刊
  • 2009年版 ザガットサーベイ 東京のレストラン ISBN 978-4-925115-20-9
  • 2008/09年版 ザガットサーベイ 大阪・神戸・京都のレストラン ISBN 978-4-925115-19-3
  • 2009年3月 ザガットサーベイ 長野のレストラン&ホテル ISBN 978-4-925115-22-3
  • 2011年3月 ザガットサーベイ 京都のレストラン&ホテル
  • 2011年6月 日本政府との協働事業として”ZAGAT Thank you版”(英語版による世界に向けた観光ガイド)を発行
  • 2012年10月 ザガットサーベイ 東京のレストラン include 横浜
  • 2013年10月 ザガットサーベイ 東京のレストラン include 横浜

脚注編集

  1. ^ 2009年3月19日刊行
  2. ^ [1] New York Times 2008年2月24日

外部リンク編集