ザーヒル・タタール

ザーヒル・タタール(? - 1421年)は、エジプトブルジー・マムルーク朝の第7代スルターン(在位:1421年)。

ザーヒル・タタール
سيف الدين ططر
ブルジー・マムルーク朝第7代スルターン
在位 1421年

死去 1421年
子女 サーリフ・ムハンマド
王朝 ブルジー・マムルーク朝
テンプレートを表示

生涯編集

初代スルターンのバルクークからマムルーク朝に仕えた有力なマムルーク(奴隷)で、1421年に10歳のムザッファル・アフマドという幼主が即位すると、アフマドの生母と結婚して摂政となった。だが、専横が過ぎたために周囲からの反発を買って反乱が発生する[1]。タタールは反乱を鎮圧すると、アフマドを廃して幽閉し、さらにその生母とも離婚して自らスルターンに即位した[1]

だが、同年のうちに離婚したアフマドの生母によって暗殺されたという[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 大原、p. 94

関連文献編集

  • 大原与一郎 『エジプト マムルーク王朝』 近藤出版社、1976年
  • 日本イスラム協会 監修 『イスラム事典』 平凡社、1982年