ヘキサシアノ鉄(II)酸鉄(II)ヘキサシアニド鉄(II)酸鉄(II):Iron(II) hexacyanoferrate(II))、またはフェロシアン化鉄(II)(英:Iron(II) ferrocyanide)或いはシアン化鉄(II)(英:Iron(II) cyanide)は、シアン化物錯体の一種である。外観は白色固体で、水に不溶。化学式はFe2[Fe(CN)6]或いはFe(CN)2で表される。

ヘキサシアノ鉄(II)酸鉄(II)
モル質量 323.643 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

生成編集

青酸(シアン化水素)に鉄を溶かすと得られる。[要出典]

 

ヘキサシアノ鉄(II)酸カリウムと鉄(II)イオンの反応で得られる白色沈殿(条件によっては青白色沈殿)はこのヘキサシアノ鉄(II)酸鉄(II)である。[1][2][3][4]   

性質編集

空気中では幾分酸化されて濃青色の紺青と緑白色の水酸化鉄(Ⅱ)を生ずるため沈殿が青白色となる。[2] 水酸化カリウムなどの強塩基を加えて加熱すると水酸化鉄(Ⅱ)及びヘキサシアノ鉄(II)酸カリウム等のヘキサシアノ鉄(II)酸塩を生ずる。 [5] 

出典編集

  1. ^ ヘキサシアノ鉄(II)酸鉄(II)”. m.chemicalbook.com. 2021年8月15日閲覧。
  2. ^ a b ヘキサシアニド鉄(II)酸鉄(II) - You-iggy” (日本語). 2021年8月15日閲覧。
  3. ^ 『日本大百科全書(ニッポニカ)』小学館、2014年。 
  4. ^ 『スクエア最新図説化学七訂版』第一学習社、2019.1.10.。 
  5. ^ 《无机化学丛书》.第九卷 锰分族 铁系 铂系. 科学出版社. P171. 氰化铁(II)

関連項目編集