シクストゥス・フォン・ブルボン=パルマ

シクストゥス・フォン・ブルボン=パルマ:Sixtus von Bourbon-Parma, 1886年8月1日 - 1934年3月14日)は、最後のパルマ公ロベルト1世と2番目の妻マリーア・アントーニアの間の長男。全名はSixtus Ferdinand Maria Ignazio Alfred Robert。フランス語名はシクスト・ド・ブルボン=パルム(Sixte de Bourbon-Parme)、イタリア語名はシスト・ディ・ボルボーネ=パルマ(Sisto di Borbone-Parma)。第一次世界大戦で弟グザヴィエとともにベルギー将校となっていたが、オーストリア連合国との単独講和交渉の中心人物となった。オーストリア最後の皇后ツィタの兄である。

シクストゥス・フォン・ブルボン=パルマ
Sixtus von Bourbon-Parma
Prince Sixtus of Bourbon-Parma.jpg

出生 (1886-08-01) 1886年8月1日
スイスの旗 スイスザンクト・ガレン州、ヴァルテッグ
死去 (1934-03-14) 1934年3月14日(47歳没)
フランスの旗 フランス共和国パリ
配偶者 エドウィジュ・ド・ラ・ロシュフコー
子女 イザベラ
家名 ブルボン=パルマ家
父親 パルマ公ロベルト1世
テンプレートを表示