メインメニューを開く

シドニウス・アポリナリス

西ローマ帝国の元老院議員、詩人、外交官

シドニウス・アポリナリス(Sidonius Apollinaris、430年頃の11月5日[1] - 489年8月)は、西ローマ帝国末期の元老院議員。詩人外交官、司教でもあり、聖人に列せられている。エリック・ゴールドバーグによれば、シドニウスは5世紀のガリア出身で唯一記録が残っている、最も重要な著作家であるとされている[2]。彼は5-6世紀にかけての、著作が残る4人のガロ・ローマン貴族のうちの一人であり、他の3人は、リモージュ司教ルリキウス(Ruricius、507年没)、ヴィエンヌ司教アウィトゥス(Alcimus Ecdicius Avitus、518年没)、そしてティキヌム司教であったアルルのマグヌス・フェリクス・エンノディウス(Magnus Felix Ennodius、534年没)である。彼ら全員がガロ・ローマン貴族のネットワークのもとに緊密な関係にあり、そのネットワークはガリアのカトリック僧侶の間に張られていた[3]

聖シドニウス・アポリナリス
SidonClermont.jpg
生誕 430年
Labarum of Constantine the Great.svg 西ローマ帝国ガリア・ルグドゥネンシス属州ルグドゥヌム
死没 489年
ブルグント王国
崇敬する教派 カトリック教会正教会
記念日 8月21日
テンプレートを表示

シドニウスは多数の書簡、仕えた諸皇帝への賛辞英語版を書いており、彼の著作物は5世紀中ごろの西ローマ政府の政情を知るための重要史料である。彼の祭日は8月21日である。


脚注編集

  1. ^ アポリナリスは義兄弟エクディキウス(西ローマ皇帝アウィトゥスの子で妻の兄弟)にあてた短い詩の中で自らの誕生日について触れている。
  2. ^ The Fall of the Roman Empire Revisited: Sidonius Apollinaris and His Crisis of Identity
  3. ^ Ralph W. Mathisen, "Epistolography, Literary Circles and Family Ties in Late Roman Gaul" Transactions of the American Philological Association 111 (1981), pp. 95-109.

外部リンク編集

  • Biographical introduction to the Letters, O.M. Dalton (1915)
  • Complete English translation of the Letters of Sidonius Apollinaris, O.M. Dalton (1915)
  • Sidonius Apollinaris, dedicated site, with complete Latin text of the correspondence, Joop A. van Waarden (2003-....)
  • Opera Omnia by Migne Patrologia Latina with analytical indexes
  •   Herbermann, Charles, ed. (1913). "Sidonius Apollinaris" . Catholic Encyclopedia (in English). New York: Robert Appleton Company.