メインメニューを開く

シドン・シナゴーグ(كنيس صيدا)は世界最古のシナゴーグの一つである。[1]シドン旧市街に位置している(現レバノンサイダ)。ユダヤ教徒地区は、ハーラ・ヤフード(حارة اليهود、ユダヤ教徒街区)として知られている。

Sidon Synagogue
基本情報
所在地 レバノンの旗 レバノンのシドン
宗教 ユダヤ教
礼拝 セファルディー
現況 Not functional
完成 833

歴史編集

833年に建立されたが、紀元前66年の第二神殿の破壊にまでさかのぼる、古いシナゴーグの跡地に建ったと信じられている。[1] イエスはこことその近傍で説教したと言われており、マタイによる福音書(15:21)とマルコによる福音書(7:24)が証言している。[1] [2]

規模こそ大きくないが、レバノンの主要なシナゴーグの1つだと考えられている。他には1925年にベイルートで完成したマギーン・アブラハム・シナゴーグがある。

2012年4月、ネトレイ・カルタ国際運動の2人のラビにより、数十年の廃絶状態から初めて、礼拝が執り行われた。このラビたちは、「土地の日」を記念するための行進に参加していた。[3]

レバノン内戦が1975年に始まってから、多くのレバノン人ユダヤ教徒がシドンを離れた。[3] このことは、シナゴーグの荒廃を説明するものである。

 
2012年7月に

関連項目編集

引用編集