メインメニューを開く

シャフレ・ソフテペルシア語: شهر سوخته‎、「焼けた都市」の意味)は青銅器時代の遺跡である。ジーロフト文化英語版の都市で、紀元前3200年頃に日干し煉瓦で作られた。現在のイランスィースターン・バルーチェスターン州ヘルマンド川の岸にある。2014年6月にUNESCO世界遺産リストに登録された。

世界遺産 シャフリ・ソフテ
イラン
シャフレ・ソフテ
シャフレ・ソフテ
英名 Shahr-i Sokhta
仏名 Shahr-i-Sokhta
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (3), (4)
登録年 2014年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
使用方法表示

世界遺産編集

登録基準編集

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

外部リンク編集