シャルマン・ジョーシー

シャルマン・ジョーシー(Sharman Joshi、1979年4月28日 - )は、インド俳優。舞台演劇を中心に活動しており、映画俳優としてはボリウッドで活動している。

シャルマン・ジョーシー
Sharman Joshi
Sharman Joshi
生年月日 (1979-04-28) 1979年4月28日(42歳)
出生地 インドの旗 インド マハーラーシュトラ州ナーグプル
職業 俳優
配偶者 プレラナ・チョープラー[1](2000年-)
テンプレートを表示

キャリア編集

シャルマンは舞台演劇で監督や俳優としてキャリアを積んだ。彼は人気の大衆演劇『All the Best』のグジャラート語版で聴覚障害者のキャラクターを演じ、3年間で550回以上公演する代表作となった[2][3]。もう一つの代表作には喜劇『Ame Layi Gaya, Tame Rahi Gaya』があり、同作では4役を演じている[4]。2016年にヒンディー語ロマンティック・コメディ『Main Aur Tum』で舞台監督デビューし、テージャシュリー・プラダーン英語版と共に主演を務めた[5]

1999年に芸術映画Godmother』で映画デビューした。その後は『Style』『Xcuse Me』『Shaadi No. 1』『Rang De Basanti』に出演した。2007年に『Life in a... Metro』『Raqeeb』『Dhol』に出演し、2008年にはチェタン・バーガット英語版の小説『One Night @ the Call Center』を原作とした『Hello』で主演を演じた。2009年に同じくチェタン・バーガット原作の『Five Point Someone』を映画化した『きっと、うまくいく』に主要キャストとして出演している。同年にはリアルTV英語版ゲーム番組PokerFace: Dil Sachcha Chehra Jhootha』で司会を務めた。

家族編集

シャルマンはグジャラート人英語版俳優・舞台芸術一家に生まれた[6]。父アルヴィンド・ジョーシーはグジャラート演劇英語版の重鎮であり[7]、叔母サリタ・ジョーシー英語版と従姉妹のプルビ・ジョーシー英語版ケートキー・ダーヴェー英語版は女優としてグジャラート演劇・マラーティー演劇で活動した。マナシ・ジョーシー・ロイ英語版は姉妹で、ローヒト・ロイ英語版と結婚している[8]

2000年6月15日にプレーム・チョープラー英語版の娘プレラナ・チョープラーと結婚し[9]、2005年に娘、2009年に双子の息子をもうけている[10]

フィルモグラフィー編集

『Hate Story 3』のイベントに出席するザリーン・カーン英語版カラン・シン・グローヴァー英語版デイジー・シャー英語版、シャルマン・ジョーシー、ヴィシャール・パンディヤ英語版(2015年)
『Wajah Tum Ho』のイベントに出席するシャルマン・ジョーシー、ラジニーシュ・ダッガル英語版サナ・カーン英語版(2016年)

出典編集

  1. ^ Sharman Joshi Biography”. 2019年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月14日閲覧。
  2. ^ IANS (2017年12月14日). “Theatre is ruthless: Sharman Joshi”. Business Standard India. オリジナルの2018年4月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180409043418/http://www.business-standard.com/article/news-ians/theatre-is-ruthless-sharman-joshi-117121400398_1.html 2018年4月8日閲覧。 
  3. ^ “Sharman Joshi brings an award-winning play to India” (英語). Hindustan Times. (2017年4月23日). オリジナルの2018年4月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180409044427/https://www.hindustantimes.com/bollywood/sharman-joshi-brings-an-award-winning-play-to-india/story-giyCi5jzVbUo6vl8CnXVhJ.html 2018年4月8日閲覧。 
  4. ^ “Ame Lai Gaya Tame Rahi Gaya”. オリジナルの2020年6月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200604175722/https://www.mumbaitheatreguide.com/dramas/gujarati/amelaigaya.asp 2020年3月7日閲覧。 
  5. ^ Sawant, Purvaja (2016年9月2日). “Theatre Review: Main Aur Tum - Times of India” (英語). The Times of India. 2017年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月14日閲覧。
  6. ^ “I give a lot of credit to my Gujarati roots, says Sharman Joshi”. オリジナルの2015年7月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150722014323/http://indiatoday.intoday.in/story/i-give-a-lot-of-credit-to-my-gujarati-roots-says-sharman-joshi/1/322878.html 2018年7月28日閲覧。 
  7. ^ A Star on Wheels”. Tehelka Magazine, Vol 9, Issue 25 (2012年6月23日). 2012年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年6月23日閲覧。
  8. ^ All in the family”. India Today. 2018年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月12日閲覧。
  9. ^ Love Story of Sharman Joshi and Prerana Chopra”. ZestVine. 2020年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月12日閲覧。
  10. ^ Soumyadipta Banerjee (2009年12月18日). “It's all in Sharman Joshi's family”. DNA. 2010年9月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年3月17日閲覧。
  11. ^ “Sharman Joshi to anchor 2 debutants in '3 Storeys'” (英語). The Daily Star. (2018年3月10日). オリジナルの2018年4月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180409051555/https://www.thedailystar.net/showbiz/grapevine/sharman-joshi-anchor-2-debutants-3-storeys-1545385 2018年4月8日閲覧。 
  12. ^ “Sharman Say to loving it in play kashi”. Hindustan Times. オリジナルの2020年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201011204301/https://www.hindustantimes.com/lucknow/in-kashi-to-play-kashi-sharman-says-loving-it-to-bits/story-jaQG4cj0objYzTaKnejIJM.html 2018年7月28日閲覧。 
  13. ^ Kumar, Dhiraj, Kaashi in Search of Ganga, Sharman Joshi, オリジナルの26 October 2018時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20181026023620/https://www.imdb.com/title/tt7274806/ 2018年4月8日閲覧。 

外部リンク編集