シャルル=オルラン・ド・フランス

シャルル=オルラン・ド・フランスCharles-Orland de France1492年10月11日 - 1495年12月16日)は、フランスドーファン

シャルル=オルラン・ド・フランス
Charles-Orland de France
フランスドーファン
Charles Orlando, Dauphin of France, in 1494.jpg
ムーラン派の画家による、シャルル=オルラン王子の肖像
在位 1492年 - 1495年

出生 (1492-10-11) 1492年10月11日
Bannière de France style 1500.svg フランス王国プレシ=レ=トゥール
死去 (1495-12-16) 1495年12月16日(3歳没)
Bannière de France style 1500.svg フランス王国アンボワーズ城
埋葬 Bannière de France style 1500.svg フランス王国トゥール、サン・ガティアン・ド・トゥール大聖堂
家名 ヴァロワ家
父親 フランスシャルル8世
母親 ブルターニュ女公アンヌ・ド・ブルターニュ
テンプレートを表示
サン・ガティアン・ド・トゥール大聖堂にある、シャルル=オルラン王子の墓

生涯編集

フランスシャルル8世ブルターニュ女公アンヌ・ド・ブルターニュの長男として誕生した。誕生してから2日後の10月13日に洗礼を受け、代母にはシチリア王妃ジャンヌ・ド・ラヴァル(ルネ・ダンジュー妃)が、後見人はオルレアン公ルイ(のちのルイ12世)と、父方の義理の伯父であるボージュー領主ピエールがなった。後見人の2人は、『オルラン』(イタリア語ではOrlando)と名づけたい両親と代母の意向に反対していた。王家では伝統的にシャルル、ルイ、フィリップという名が好まれてきたからである。最終的には妥協に達し、幼い王子はシャルル=オルラン(ラテン語でOrlandus Carolus)と名づけられた。

国王夫妻のただ一人の王位継承予定者を守るためのあらゆる措置がとられたにもかかわらず、王子ははしかにかかりアンボワーズ城で亡くなった。国王夫妻にはその後も男児が生まれたが、乳児期に早世したため、オルレアン公ルイが王位継承予定者であることが明らかになった。

先代
シャルル8世
フランスのドーファン
1492年 - 1495年
次代
シャルル(シャルル8世の次男)