シャルロッテ・フリーデリケ・ツー・メクレンブルク

シャルロッテ・フリーデリケ・ツー・メクレンブルクCharlotte Friederike Herzogin zu Mecklenburg [-Schwerin], 1784年12月4日 - 1840年7月13日)は、ドイツメクレンブルク=シュヴェリーン大公家の一員で、デンマーク王クリスチャン8世の最初の妃。夫の即位以前に離婚し、王妃にはなれなかった。

シャルロッテ・フリーデリケ・ツー・メクレンブルク
Charlotte Friederike zu Mecklenburg
1784 Charlotte.jpg

出生 (1784-12-04) 1784年12月4日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国Flagge Großherzogtümer Mecklenburg.svg メクレンブルク=シュヴェリーン公国、ルートヴィヒスルスト
死去 (1840-07-13) 1840年7月13日(55歳没)
Flag of the Papal States (1808-1870).svg 教皇領ローマ
埋葬 Flag of the Papal States (1808-1870).svg 教皇領ローマカンポ・サント・テウトニコ
配偶者 後のデンマーククリスチャン8世
子女 クリスチャン・フレゼリク
フレゼリク7世
家名 メクレンブルク=シュヴェリーン家
父親 メクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ1世
母親 ルイーゼ・フォン・ザクセン=ゴータ=アルテンブルク
テンプレートを表示

生涯編集

メクレンブルク=シュヴェリーン大公フリードリヒ・フランツ1世とその妻でザクセン=ゴータ=アルテンブルク公子ヨハン・アウグストの娘であるルイーゼの間の第3子、次女として生まれた。1806年6月21日にルートヴィヒスルストにおいて、従兄にあたるデンマーク王子クリスチャンと結婚した。夫妻の間には2人の息子が生まれたが、非常に不仲で、1810年3月には離婚した。

シャルロッテは夫によってアルトナへ追い払われ、ユトランド半島でしばらく暮らしたのち、1830年にイタリアヴィチェンツァに移住してカトリックに改宗した。1833年よりローマに住んでサロンを主宰し、ローマ在住のデンマーク人たちの間の中心的な存在となった。長く患ったあと、1840年にローマで死去し、ローマのドイツ人教会カンポ・サント・テウトニコCampo Santo Teutonico)の付属墓地に葬られた。墓は彫刻家イェンス・アドルフ・イェリカウJens Adolf Jerichau)によってデザインされた。 1983年のエマヌエラ・オルランディの誘拐事件の捜査に伴い、2019年7月11日にバチカン当局によって墓所の調査が行われた結果、墓は空っぽで遺骨が消失していることがわかった。隣接するソフィ・フォン・ホーエンローエの遺骨も消えていた。

子女編集

参考文献編集

  • Albrecht Weiland: Der Campo Santo Teutonico in Rom und seine Grabdenkmäler. Band I, Herder, Freiburg im Breisgau 1988, ISBN 3-451-20882-2, S. 219 f