シャルロット・ド・ロアン (1737-1760)

シャルロット・ゴドフリード・エリザベート・ド・ロアンフランス語: Charlotte Godefride Élisabeth de Rohan, 1737年10月7日 - 1760年3月4日)は、ブルボン朝時代のフランス王族、コンデ公ルイ・ジョゼフの最初の妻。

シャルロット・ド・ロアン
Charlotte de Rohan
Charlotte de Rohan, Princess of Condé by Ribou.jpg
コンデ公妃シャルロット、ジャン=マリー・リブー(Jean-Marie Ribou)画

称号 コンデ公妃
出生 (1737-10-07) 1737年10月7日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国オテル・ド・スービーズ英語版
死去 (1760-03-04) 1760年3月4日(22歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国オテル・ド・コンデ英語版[1]
埋葬 1760年3月11日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国フォーブール・サン=ジャックフランス語版、カルメル会修道院
配偶者 コンデ公ルイ5世ジョゼフ
子女 マリー
ルイ6世アンリ
ルイーズ・アデライード
家名 ロアン家
父親 スービーズ公シャルル・ド・ロアン
母親 アンヌ=マリー=ルイーズ・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュ
テンプレートを表示

生涯編集

スービーズ公シャルル・ド・ロアンとその最初の妻でブイヨン公エマニュエル・テオドーズの娘アンヌ=マリー=ルイーズの間の第1子・長女[1]

1753年5月3日ヴェルサイユ宮殿にて血統親王(プランス・デュ・サン英語版)の1人であるコンデ公ルイ・ジョゼフと結婚[1]。父スービーズ公は娘に2000万リーヴルもの巨額の持参金を用意した[2]。コンデ公妃シャルロットは洗練された女性で、貧者に憐れみ深かったとされる。リュイヌ公爵フランス語版によれば、彼女は長く患った後[3]、1760年3月4日に22歳で世を去った。葬儀は死の1週間後の3月11日[3]に執り行われ、遺骸はフォーブール・サン=ジャックフランス語版のカルメル会修道院内に埋葬された。

1739年母よりゴルド及びモンシャ(Moncha)の所領を相続。1745年自身の権利としてギニャン英語版の女子爵となった。持参金の一部としてアノネ英語版の所領を婚家にもたらした。異母妹のゲメネ公妃ヴィクトワール・ド・ロアンは王妃マリー・アントワネットの賭博仲間であり、王家のガヴァネスの要職を務めている。

子女編集

引用・脚注編集