シャングリラ (宝塚歌劇)

シャングリラ』は宝塚歌劇団の作品。

星組 宝塚大劇場公演編集

形式名は「ミュージカル・ロマンス」。

2部26場。

1964年10月31日から11月30日まで公演があった。

ストーリー編集

ヒマラヤで遭難し気を失ったイギリスの地質学者のヒギンズの前に、一人の老人が現れる。老人はヒマラヤの秘境のシャングリラの国王で、ヒギンズはその弟・タルチンだと言うのである。桃源郷に連れていかれたビギンズは、入り口にある凍りついた滝の前で遠き日を追憶する。

スタッフ編集

主な配役編集

星組 東京宝塚劇場公演編集

1964年4月4日から29日まで公演があった。

主なスタッフ編集

  • 菊田一夫

主な出演編集

参考文献編集

星組 宝塚大劇場公演

星組 東京宝塚劇場公演

  • 『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』p.5(主な出演のみ)(宝塚歌劇団)
  • 『宝塚歌劇90年史 すみれの花歳月を重ねて』p.279(主な出演以外)(宝塚歌劇団)