メインメニューを開く

シャンヌのパリ、そしてアメリカ』(A Soldier's Daughter Never Cries)は、1998年制作のジェームズ・アイヴォリー監督のイギリス映画。原作はケイリー・ジョーンズ

シャンヌのパリ、そしてアメリカ
A Soldier's Daughter Never Cries
監督 ジェームズ・アイヴォリー
脚本 ジェームズ・アイヴォリー
ルース・プラワー・ジャブヴァーラ
原作 ケイリー・ジョーンズ
製作 イスマイル・マーチャント
製作総指揮 リチャード・ハウリー
出演者 クリス・クリストファーソン
リーリー・ソビエスキー
バーバラ・ハーシー
音楽 リチャード・ロビンズ
撮影 ジャン=マルク・ファブル
編集 ノエル・ボワソン
配給 日本の旗 日活
公開 イギリスの旗 1998年10月9日
日本の旗 2000年12月9日
上映時間 127分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $1,782,005[1]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

パリに住むアメリカ人作家ビル(クリス・クリストファーソン)と妻のマルチュラ(バーバラ・ハーシー)、そして娘のシャンヌの一家にフランス人の養子ブノワが迎え入れる。父親のビルは、なかなか家族に馴染めないブノワを暖かく見守り、やがてブノワは無事家族の一員となる。一方、思春期を迎えたシャンヌ(リーリー・ソビエスキー)は個性的なフランソワと友人になるが次第に2人の関係が変化していくようになる。

キャスト編集

参考文献編集

  1. ^ A Soldier's Daughter Never Cries”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年6月17日閲覧。

外部リンク編集