シャンピオナ・ドゥ・ゲール1940-1941

シャンピオナ・ドゥ・フランス・ドゥ・フットボール1940-1941は、第二次世界大戦中のリーグ戦 (シャンピオナ・ドゥ・ゲール)として第2回目、ナチス・ドイツによるフランス占領およびヴィシー政権時代における第1回目のフランス最上位サッカーリーグである。

シャンピオナ・ドゥ・ゲール
北部で優勝したレッドスター
シーズン 1940-1941
優勝 レッドスター・オランピック
オランピック・ドゥ・マルセイユ

レッドスター・オランピック (北部)とオランピック・ドゥ・マルセイユ (南部)が優勝した[1]

方式 編集

ナチス・ドイツに降伏したフランスは、国土を3地域に分断された。ドイツの支配する北部の占領地域と禁止地域、ヴィシー政権が支配する南部の自由地域である。この3地域で個別にリーグ戦が開催され、フランス全体の王者を決めることはできなかった。方式は各地域とも2回戦総当たりのリーグ戦である[2]

出場クラブ 編集

占領地域

自由地域

禁止地域

順位表[3] 編集

占領地域 編集

順位 クラブ 勝ち点 試合
1 レッドスター・オランピック 20 12 9 2 1 28 8 +20
2 FCルーアン 15 12 7 1 4 29 28 +1
3 ジロンダン・ドゥ・ボルドー 13 12 6 1 5 21 20 +1
4 スタッド・ドゥ・ランス 11 12 4 3 5 20 17 +3
5 ル・アーヴルAC 9 12 4 1 7 27 27 0
6 CAパリ 8 12 3 2 7 12 25 -13
7 RCパリ 8 12 4 0 8 23 35 -12

自由地域 編集

順位 クラブ 勝ち点 試合
1 オランピック・ドゥ・マルセイユ 24 16 10 4 2 44 16 +28
2 トゥールーズFC (1937) 24 16 11 2 3 37 17 +20
3 FCセト 18 16 7 4 5 15 11 +4
4 ASカンヌ 18 16 7 4 5 25 23 +2
5 OGCニース 16 16 6 4 6 26 19 +7
6 ニーム・オランピック 16 16 8 0 8 24 35 -11
7 SOモンペリエ 12 16 4 4 8 28 36 -8
8 オランピック・アレス 9 16 3 3 10 11 36 -25
9 ASサン=テティエンヌ 7 16 3 1 12 17 34 -17

禁止地域 編集

RCランスが優勝したが、詳細は不明[4]

得点ランキング 編集

データ 編集

脚注 編集

注釈 編集

出典 編集

  1. ^ PALMARÈS LIGUE 1: TOUS LES CHAMPIONS” (フランス語). フランスサッカー連盟 (2021年2月2日). 2023年4月14日閲覧。
  2. ^ Championnat de France 1940/1941” (フランス語). om4ever.com. 2023年4月24日閲覧。
  3. ^ Frédéric Pauron (2020年6月24日). “France - First Division Results and Tables 1932-1998” (英語). RSSSF. 2023年4月27日閲覧。
  4. ^ Le sport et les Français pendant l'occupation (1940-1944), La pratique du football en zone interdite : vitalité et alées d'un football de guerre, Olivier Chovaux, pp. 199-214 

関連項目 編集

外部リンク 編集