メインメニューを開く
シュトラールズント条約、シュトラールズント博物館ドイツ語版にて。2007年撮影。

シュトラールズントの和議(シュトラールズントのわぎ、ドイツ語: Friede von Stralsund)は1370年5月24日に締結された、第二次デンマーク・ハンザ同盟戦争英語版の講和条約。ハンザ同盟はこの条約により勢力が頂点に達した[1][2][3]

戦争は1361年にデンマークヴァルデマー4世再興王スコーネウーランドゴットランド、そしてハンザ同盟の主要都市であるヴィスビューを征服したことで始まった[2]。1362年、ハンザ同盟が反撃したがヘルシンボリでデンマーク艦隊に撃退され、停戦協定と1365年のヴォーディングボーの和約ドイツ語版で多くの特権を失う不利な講和に応じざるを得なかった[2]。条約を受け入れたくなかったハンザ同盟はケルン連盟英語版で艦隊を建設、スウェーデンとの同盟も更新した[2]。その後、ヴァルデマー4世と娘婿のホーコン6世が大敗した[2][3]

デンマークとハンザ同盟がシュトラールズントで討議する様子、1860年作。

条約はデンマーク代表の廷吏ヘニング・ポデブスク英語版とハンザ同盟代表のリューベック市長ヤーコプ・プレスコウドイツ語版とシュトラールズント市長ベルトラム・ヴルフラムドイツ語版が交渉した。条約によりヴィスビューが自由を回復、さらにデンマークがバルト海におけるハンザ同盟の自由貿易を約束した。これによりハンザ同盟はバルト海の漁業貿易を独占した。また、ハンザ同盟はデンマーク王位の候補者への拒否権を得た[2]

脚注編集

  1. ^ Phillip Pulsiano, Kirsten Wolf, Medieval Scandinavia: An Encyclopedia, Taylor & Francis, 1993, p. 265, ISBN 0-8240-4787-7
  2. ^ a b c d e f Peter N. Stearns, William Leonard Langer, The Encyclopedia of World History: Ancient, Medieval, and Modern, Chronologically Arranged, Houghton Mifflin Harcourt, 2001, p. 265, ISBN 0-395-65237-5
  3. ^ a b Angus MacKay, David Ditchburn, Atlas of Medieval Europe, Routledge, 1997, p. 171, ISBN 0-415-01923-0

関連図書編集