メインメニューを開く

ヴィスビューVisby [ˈviːsbʏ])はゴットランド島に位置するスウェーデン王国南東部の都市である。10世紀に建設され、そのころの遺跡で国際的に有名。ゴットランド県ゴットランド市の中心都市である。英語発音に近いヴィスビーと表記される場合もある。

ヴィスビュー
Visby
位置
ヴィスビューの位置(スウェーデン)の位置図
ヴィスビューの位置(スウェーデン)
座標 : 北緯57度37分44秒 東経18度18分26秒 / 北緯57.62889度 東経18.30722度 / 57.62889; 18.30722
歴史
市制施行 1645年
行政
 スウェーデン
 地方 ゴットランド地方
  ゴットランド県の旗 ゴットランド県
 市 ゴットランド市
 町 ヴィスビュー
人口
人口 (現在)
  町域 22,017人

現在のスウェーデンにおいて、ヴィスビューは旧市街を囲む殆ど完全な姿の3.4kmの石の壁で知られている。この壁は"Ringmuren"(輪壁)と呼ばれる。

歴史編集

 
ヴィスビューの輪壁

12世紀から14世紀の間、ヴィスビューはハンザ同盟の重要な中心地の一つだった。 バルト海沿岸のキリスト教化北方十字軍)のさなかの1200年頃、この都市を母都市としてリガが建設された。

ゴットランドは、ブレムセブルーの和議の後三百年間デンマークの占領から、1645年にスウェーデン領となった。ヴィスビューは要塞であり、近年までは軍事基地の中心地でもあった。冷戦期は、一般人の立ち入りが制限された一種の閉鎖都市だった。

世界遺産編集

  ハンザ同盟都市
ヴィスビュー
スウェーデン
 
ヴィスビューの港と街並
英名 Hanseatic Town of Visby
仏名 Ville hanséatique de Visby
登録区分 文化遺産
登録基準 (4), (5)
登録年 1995年
公式サイト 世界遺産センター(英語)
地図
 
 
 
 
使用方法表示

ハンザ同盟都市の歴史的な町並みはユネスコ世界遺産へ登録された。

登録基準編集

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。

その他編集

  • 親しみを込めて、ヴィスビューは「薔薇の都」と呼ばれる。城壁内にはバラ園を備えた植物園があり[1]、また城壁周辺をはじめ、港、大聖堂、長距離バスターミナル、大学周辺、大小あちこちの公園、また旧市街の路地裏の各家々の軒先に至るまで、街のいたるところにバラの植え込みや生垣が見られる。

ギャラリー編集

有名な出身者編集

姉妹都市編集

脚注編集

  1. ^ visby botaniska trädgård”. visby botaniska trädgård. 2015年4月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集