メインメニューを開く
紋章 地図
Stralsunder Wappen Karte Hansestadt Stralsund in Deutschland
基本情報
連邦州: メクレンブルク=フォアポンメルン州
郡: フォアポンメルン=リューゲン郡
緯度経度: 北緯 54度18分
東経 13度05分
標高: 海抜 5 m
面積: 38.97 km²
人口:

59,421人(2018年12月31日現在) [1]

人口密度: 1,525 人/km²
郵便番号: 18435, 18437, 18439
市外局番: 03831
ナンバープレート: HST
自治体コード: 13 0 73 088
市庁舎の住所: PF 2145
18408 Stralsund
ウェブサイト: www.Stralsund.de
上級市長: アレクサンダー・バドロウ (Alexander Badrow) (CDU)

シュトラールズントドイツ語: Stralsund)はドイツの都市。メクレンブルク=フォアポンメルン州フォアポンメルン=リューゲン郡に属する(郡庁所在地)。人口は約5万8千人(2008年)で、同州第4の都市である。スウェーデン語ではストラルスンドと呼ばれる。

2002年にUNESCO世界遺産(文化遺産)「シュトラールズント歴史地区とヴィスマール歴史地区」の一部として登録された[2]

地勢編集

バルト海に面した港湾都市。リューゲン島ヒデンゼー島へ渡る際の交通の拠点。近隣の都市としては、約45キロ西にオストゼーバート・ヴストロウ、約55キロ南西にロストック、85キロ南にノイブランデンブルクが位置している。

歴史編集

1209年に成立、1234年に都市権を獲得した。街の成立当初はリューベックと対立して街が破壊されたこともあったが、1278年ハンザ同盟都市の一員となり、リューベックとの関係も改善されていった。1370年には、この地でハンザ同盟らとデンマークとの間にシュトラールズントの和議英語版が成立している。17世紀三十年戦争中の1628年包囲され、戦争の講和条約であるヴェストファーレン条約によってスウェーデン領となった。ナポレオン戦争では1807年英語版1809年英語版と2度戦場になり、戦後はプロイセン王国の支配下へ置かれた。

姉妹都市編集

出身者編集

世界遺産編集

 
ニコライ教会
 
ヤコブ教会
 
マリエン教会

シュトラールズントは、「シュトラールズント歴史地区とヴィスマール歴史地区」として世界遺産に登録されている。

引用編集

外部リンク編集