ショアハム=バイ=シー

ショアハム=バイ=シー英語: Shoreham-by-Sea)は、イングランドウェスト・サセックスにある海岸沿いの町。ワージングブライトン・アンド・ホヴのおよそ中間点に位置する。面積は2,430エーカーで2011年時点での人口は20,547人。

ショアハム=バイ=シー
Shoreham-by-Sea, West Sussex, England-2Oct2011.jpg
空からの街並み
ショアハム=バイ=シーの位置(ウェスト・サセックス内)
ショアハム=バイ=シー
ショアハム=バイ=シー
ウェスト・サセックスにおけるショアハム=バイ=シーの位置
面積3.80 sq mi (9.8 km2[1]
人口20,547人 
人口密度5,407/sq mi (2,088/km2)
英式座標
TQ220051
ロンドン47マイル (76 km)北
非都市ディストリクト
シャイア・カウンティ
リージョン
構成国イングランドの旗 イングランド
イギリスの旗 イギリス
郵便地域Shoreham-by-Sea
郵便番号BN43
市外局番01273
警察サセックス
消防ウェスト・サセックス
救急医療サウス・イースト・コースト
欧州議会サウス・イースト・イングランド
英国議会
  • イースト・ワージング・アンド・ショアハム
公式サイトwww.adur-worthing.gov.uk
場所一覧
イギリス
イングランド
ウェスト・サセックス
北緯50度50分02秒 西経0度16分23秒 / 北緯50.834度 西経0.273度 / 50.834; -0.273座標: 北緯50度50分02秒 西経0度16分23秒 / 北緯50.834度 西経0.273度 / 50.834; -0.273

町はサウス・ダウンズの南端にあり、西側にエイドゥー渓谷、南側にはエイドゥー川英語版イギリス海峡がある。

歴史編集

町の歴史はローマ帝国以前まで遡ることができ[2]、地名は古い英語に由来する[3]。その後、11世紀のノルマン・コンクエストによって町並みと港が整備された。

アラブ人学者のイドリースィーは1153年の著作においてショアハムに言及している[4]

近代では、近隣にあるブライトンホヴワージングといった町の急速な成長と1840年の鉄道敷設によってヴィクトリア時代港町として栄え、造船業も盛んに行われた。なおショアハム港は現在でも利用されている。その後、行政上は1910年都市ディストリクトとなった[5]

ショアハム・ビーチ編集

町の南側にあるショアハム・ビーチ英語版は数千年にわたる漂砂によって砂嘴になっている。これによってエイドゥー川英語版の流れが東に変わり、イギリス海峡に流れ込んでいる。川の流れが現在のようになったのは1816年の工事がきっかけである。これによって港の出口が定まり、1857年には防衛のためにショアハム砦が築かれた[6]

その後運送の主役が鉄道に変わった20世紀には、初期の映画産業がこの地で育まれた。1912年にはサニー・サウス・フィルム会社を設立したフランシス・L・リンドハーストがこの地に映画スタジオを建設した[7]。1910年にはショアハム・ビーチが正式にショアハム=バイ=シーに組み込まれた。

ただ第二次世界大戦期には本土防衛のために沿岸の家屋が一掃され、その後はリゾート地として高級住宅が建設されるようになった[8]。その中で1913年に建設されたグッド・シェパード教会は今もその姿を保っている。

町の風景と野生動物編集

町の中をエイドゥー川英語版が流れるショアハム=バイ=シーには、数多くの動植物が生息している。川沿いの湿地には水鳥が集まり、ハジロコチドリなども営巣を行う。また冬にはタイリクハクセキレイをよく見ることができる。湿地にはトンボなどの昆虫も多く生息しており、少なくとも33種の蝶を見ることができる。

交通編集

ブライトン・シティ空港が町の西隣にあるが、2006年以降はプライベートジェット専用となっている。この空港はたびたび映画の撮影現場となっており、名探偵ポワロダ・ヴィンチ・コード でもこの空港で撮影が行われた。

鉄道ではウェスト・コーストウェイ線英語版ショアハム=バイ=シー駅がある。

出身人物編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Census 2011: Coastal Communities Data”. Office of National Statistics. 2015年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月28日閲覧。
  2. ^ 'Old and New Shoreham', A History of the County of Sussex: Volume 6 Part 1: Bramber Rape (Southern Part) pp. 138-149” (1980年). 2012年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年1月27日閲覧。
  3. ^ Shoreham: Toponymy”. glaucus.org.uk. 2007年7月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月16日閲覧。
  4. ^ Archived copy”. 2015年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月7日閲覧。
  5. ^ Shoreham-by-Sea UD”. Vision of Britain. 2021年3月15日閲覧。
  6. ^ Shoreham Fort – History”. www.shorehamfort.co.uk. Friends of Shoreham Fort. 2013年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月7日閲覧。
  7. ^ Film Studio”. Shoreham Fort. 2010年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月21日閲覧。
  8. ^ WW2 People's War: Evacuation of Shoreham Beach”. BBC. 2006年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月21日閲覧。

外部リンク編集