シラードの請願書

シラードの請願書とは、科学者であるレオ・シラードが起草し、テネシー州オークリッジで行われたマンハッタン計画、およびイリノイ州シカゴ冶金研究所で研究に従事していた70名の科学者たちが署名した文書である。1945年7月、この請願書は回覧され、ハリー・S・トルーマン大統領に対し、人間に対して核を使用する前に、実証試験で観察された核爆弾の威力をまず熟慮するよう求める内容であった。しかしこの請願書は正規の指揮系統を通じてトルーマン大統領に届くことはなかった。またこの文書は1961年まで秘密指定が解除されず、公開されなかった。

レオ・シラード

後の1946年、シラードはアルベルト・アインシュタインと共に原子力科学者による非常委員会を創設した。この委員会には、1962年にノーベル平和賞を受賞したライナス・ポーリングが参加している。

抜粋編集

私たち下記の署名者は謹んで請願する。第一に、(降伏時に)日本に課される条件が詳細に公表され、日本がこの条件を知った上で降伏を拒否しない限り、この戦争においてアメリカ合衆国は核爆弾の使用に訴えてはならないとあなたが最高司令官としての権限によって定めること。第二に、(第一の条件を満たした際に)核爆弾を使うか否かをあなたが判断するにあたって、本請願書ならびに他のあらゆる道義的責任が示す意見に照らして行なうこと[1]

反響編集

1945年の春、レオ・シラードはすぐ後に国務長官に指名される人物、ジェームズ・F・バーンズに請願書を渡した。日本の一般市民に対し核爆弾を使用すべきでないこと、また戦後には軍拡競争を避けるために核兵器を国際的な管理下に置くべきであること、という科学者たちのメッセージをトルーマン大統領に渡してくれる人がいればという思いからである。バーンズはこの考えに全く共感を抱かなかった。シラードはこのような男が政治的に強い影響力があることを残念に思い、また彼は物理学者となったことにも落胆したようだった。自らの経歴の中で核爆弾の開発に貢献していたからである。バーンズとの会談の後、彼はこう言ったと伝えられている。「私がアメリカに生まれてアメリカ政治に影響を与え、バーンズがハンガリーに生まれて物理学を学んでいたら、世界にとってどれほど良かったことか」[2]この請願書の反響として、マンハッタン計画の総指揮を務めたレズリー・グローヴズ将軍はシラードについて、違法行為の証拠を探した[3]。署名者の大半が兵器開発の職を失った。

署名者編集

マンハッタン計画の冶金研究所の署名者70名(アルファベット順)とその肩書は以下の通り[1]

  1. David S. Anthony, Associate Chemist
  2. Larned B. Asprey, Junior Chemist, S.E.D.
  3. Walter Bartky, Assistant Director
  4. Austin M. Brues, Director, Biology Division
  5. Mary Burke, Research Assistant
  6. Albert Cahn, Jr., Junior Physicist
  7. George R. Carlson, Research Assistant-Physics
  8. Kenneth Stewart Cole, Principal Bio-Physicist
  9. Ethaline Hartge Cortelyou, Junior Chemist
  10. John Crawford, Physicist
  11. Mary M. Dailey, Research Assistant
  12. Miriam P. Finkel, Associate Biologist
  13. Frank G. Foote, Metallurgist
  14. Horace Owen France, Associate Biologist
  15. Mark S. Fred, Research Associate-Chemistry
  16. Sherman Fried, Chemist
  17. Francis Lee Friedman, Physicist
  18. Melvin S. Friedman, Associate Chemist
  19. Mildred C. Ginsberg, Computer
  20. Norman Goldstein, Junior Physicist
  21. Sheffield Gordon, Associate Chemist
  22. Walter J. Grundhauser, Research Assistant
  23. Charles W. Hagen, Research Assistant
  24. David B. Hall, Position Not Identified
  25. David L. Hill, Associate Physicist, Argonne
  26. John Perry Howe, Jr., Associate Division Director, Chemistry
  27. Earl K. Hyde, Associate Chemist
  28. Jasper B. Jeffries, Junior Physicist, Junior Chemist
  29. William Karush, Associate Physicist
  30. Truman P. Kohman, Chemist-Research
  31. Herbert E. Kubitschek, Junior Physicist
  32. en:Alexander Langsdorf, Jr., Research Associate
  33. Ralph Lapp, Assistant To Division Director
  34. Lawrence B. Magnusson, Junior Chemist
  35. Robert Joseph Maurer, Physicist
  36. Norman Frederick Modine, Research Assistant
  37. George S. Monk, Physicist
  38. Robert James Moon, Physicist
  39. Marietta Catherine Moore, Technician
  40. ロバート・マリケン, Coordinator Of Information
  41. J. J. Nickson, [Medical Doctor, Biology Division]
  42. William Penrod Norris, Associate Biochemist
  43. Paul Radell O'connor, Junior Chemist
  44. Leo Arthur Ohlinger, Senior Engineer
  45. Alfred Pfanstiehl, Junior Physicist
  46. Robert Leroy Platzman, Chemist
  47. C. Ladd Prosser, Biologist
  48. Robert Lamburn Purbrick, Junior Physicist
  49. Wilfred Rall, Research Assistant-Physics
  50. Margaret H. Rand, Research Assistant, Health Section
  51. William Rubinson, Chemist
  52. B. Roswell Russell, Position Not Identified
  53. George Alan Sacher, Associate Biologist
  54. Francis R. Shonka, Physicist
  55. Eric L. Simmons, Associate Biologist, Health Group
  56. John A. Simpson, Jr., Physicist
  57. Ellis P. Steinberg, Junior Chemist
  58. D. C. Stewart, S/Sgt S.E.D.
  59. George Svihla, Position Not Identified [Health Group]
  60. Marguerite N. Swift, Associate Physiologist, Health Group
  61. レオ・シラード, Chief Physicist
  62. Ralph E. Telford, Position Not Identified
  63. Joseph D. Teresi, Associate Chemist
  64. Albert Wattenberg, Physicist
  65. Katharine Way, Research Assistant
  66. Edgar Francis Westrum, Jr., Chemist
  67. ユージン・ウィグナー, Physicist
  68. Ernest J. Wilkins, Jr., Associate Physicist
  69. Hoylande Young, Senior Chemist
  70. William F. H. Zachariasen, Consultant

関連項目編集

関連文献編集

  • 大平一枝 『届かなかった手紙―原爆開発「マンハッタン計画」科学者たちの叫び』角川書店、2017年。ISBN 978-4-04-105814-5  ―請願書の経緯と署名した人物へのインタビューなど

参照編集

  1. ^ a b A Petition to the President of the United States”. Atomic Bomb: Decision, section of Leo Szilard Online. 2015年5月1日閲覧。
  2. ^ Goodman, Roger (director) (1995). Hiroshima: Why the Bomb Was Dropped. ABC News. 00:28:00~00:31:00.
  3. ^ Groves Seeks Evidence Against Szilard, July 4, 1945”. Atomic Bomb: Decision, section of Leo Szilard Online. 2015年5月1日閲覧。

外部リンク編集