シリ・アダドSilli-Adad)は、古代メソポタミアの都市国家・ラルサの王。

シリ・アダド
Silli-Adad
ラルサ
在位 紀元前1771年 - 紀元前1770年

王朝 ラルサ
テンプレートを表示

略歴編集

シリ・アダドの治世は紀元前1771年から紀元前1770年と1年未満であった[1][2][3]

年表には「王権を剥奪された」「もはや王ではなかった」と記録されている。ワラド・シンが次のラルサの王となった。

脚注編集

  1. ^ Archived copy”. 2009年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年4月23日閲覧。 The Rulers of Larsa, M. Fitzgerald, Yale University Dissertation, 2002
  2. ^ Larsa Year Names, Marcel Segrist, Andrews University Press, 1990,0-943872-54-5
  3. ^ Chronology of the Larsa Dynasty, E.M. Grice , C.E. Keiser, M. Jastrow, AMS Press, 1979, 0-404-60274-6