シロッコ

地中海越しにアフリカからイタリアに向けて吹く、初夏の熱い南風

シロッコ: scirocco: sirocco)は、初夏にアフリカから地中海を越えてイタリアに吹く暑い南(あるいは東南)である。サハラ砂漠を起源とする風で、北アフリカでは乾燥しているが、地中海を越えるためにイタリア南部到達時には高温湿潤風となり、時に砂嵐を伴う。 

シロッコによる砂嵐を捉えた衛星写真

名称編集

アフリカでの名前はギブリ。クロアチアやモンテネグロではユーゴ (jugo)、フランス南部では (Marin)、スペイン南西部では (Leveche)、カタルーニャ地方では (llebeig)、マルタでは (xlokk) などと呼ばれている。ポルトガルではxaroco(ハルコ)、スペインではsolano(ソラノ)、jaloque(ハロック)、xaloque(ハロック)、フランスではautan(オータン)、ギリシャではgarbis(ガルビス)という。

参考文献編集

関連項目編集