シヴェーリア族古ルーシ語: Сѣверウクライナ語: Сіверяниロシア語: Северянеベラルーシ語: Севяране;意訳: 「北の民」)は、中世における東スラヴ人民族の一つ。シヴェール族シヴェリャーネ族セヴェリャーネ族とも。

概要編集

現在のウクライナの北東部、デスナー川セイム川スーラ川の流域、シヴェーリアと呼ばれた地域に居住した。農耕畜産狩猟などを営んだ。ロームヌィ=ボルシチェーヴォ文化ウクライナ語版の担え手であったと考えられる。北東ウクライナ人の祖先である。

主な都市はチェルニーヒウノーウホロド=シーヴェルシクィイプティーウリフルーヒウリューベチなどであった。

8世紀ハザール汗国によって征服され、貢を献上するようになった。9世紀キエフ大公国の支配下に置かれ、東ローマ帝国とハザール汗国との戦争に動員された。12世紀以後の史料ではその民族名は見られない。

参考文献編集

  • 伊東孝之井内敏夫中井和夫編 編(日本語) 『ポーランド・ウクライナ・バルト史』山川出版社東京〈世界各国史; 20〉、1998年。ISBN 4-634-41500-3NDLBibID: 000002751344 
  • 黒川祐次(日本語) 『物語ウクライナの歴史 : ヨーロッパ最後の大国中央公論新社、東京〈中公新書; 1655〉、2002年。ISBN 4-121-01655-6NDLBibID: 000003673751 

外部リンク編集