ジェフリー・バービッジ

ジェフリー・ロナルド・バービッジ(Geoffrey Ronald Burbidge, 1925年9月24日 - 2010年1月26日)は、イギリスおよびアメリカ合衆国の天文物理学者。妻のマーガレット・バービッジも天文学者で、1957年にバービッジ夫妻、ウィリアム・ファウラーフレッド・ホイルの4人の連名で発表された、宇宙の元素の起源に関する論文(4人の名前からB2FH論文と呼ばれる)はその分野での重要な論文である。

イギリスに生まれ、ブリストル大学ロンドン大学で学び、物理学の学位を得た。天文学者と結婚したことにより、天文学に転じたと自称している。アメリカで活躍し、カリフォルニア工科大学、ヤーキス天文台などで働いた。1962年からカリフォルニア大学サンディエゴ校の教授となった。1968年王立協会フェロー選出。

定常宇宙論の提唱者の一人でもある。

賞・叙勲等編集

編集

命名編集

  • 小惑星 : (11753)ジェフバービッジ(Geoffburbidge)[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ (11753) Geoffburbidge = 1989 WV4 = 2064 P-L = PLS2064”. MPC. 2021年8月14日閲覧。