ジェフリー・ニール・リーチGeoffrey Neil Leech 1936年1月16日 - 2014年8月19日)は英国英語学者言語学者。著者、共著者、編著者として著書30冊以上、論文120本以上を著している。[1] 主な学問領域は英文法コーパス言語学文体論語用論意味論

経歴編集

リーチは1936年1月16日、英国(イングランド)グロスター市に生まれた。テュークスベリー文法学校で学んだ後、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)で英語を専攻し、修士号 (1959)と博士号 (1968)を授与されている。1962‐69年までユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンで英語の助講師、講師として勤務した。そこで先輩同僚だったランドルフ・クヮーク(Randolph Quirk)とマイケル・ハリデー(Michael Halliday)の影響を受けている。1964-65年にはハークネス・フェローとしてマサチューセッツ工科大学(MIT)で言語学を研究した。1969年には英国・ランカスター大学に移籍し、1974から2001年まで英語学の教授を務め、2002年には同大学名誉教授となった。彼はブリティッシュアカデミーのフェロー、また、UCLとランカスター大学の名誉フェローにも選出されている。2014年8月19日ランカスターにて逝去した。

主要著書編集

  • G. N. Leech (1966), English in Advertising, London: Longman, pp.xiv + 210
  • G. N. Leech (1969), A Linguistic Guide to English Poetry, London: Longman, pp.xiv + 240
  • G. N. Leech (1971), Meaning and the English Verb, London: Longman, pp.xiv + 132 (2nd and 3rd editions: 1987, 2004)
  • R. Quirk, S. Greenbaum, G. Leech and J. Svartvik (1972), A Grammar of Contemporary English, London: Longman, pp.xii + 1120
  • G. Leech (1974), Semantics, London: Penguin, pp.xii + 386 (2nd edition, entitled Semantics: the Study of Meaning, 1981)
『現代意味論』(安藤貞雄澤田治美、田中実、樋口昌幸訳、研究社出版、1977年)
  • G. Leech and J. Svartvik (1975), A Communicative Grammar of English, London: Longman, pp.324 (2nd and 3rd editions: 1994, 2002)
『現代英語文法 コミュニケーション編』(池上恵子訳、紀伊國屋書店、1998年)
  • G. Leech, (1980), Explorations in Semantics and Pragmatics, Holland: John Bejamins B.V.
『意味論と語用論の現在』(内田種臣、木下裕昭訳、理想社、1986年)
  • G. N. Leech and M. H. Short (1981), Style in Fiction: A Linguistic Introduction to English Fictional Prose, London: Longman, pp. xiv + 402 (2nd edition, 2007)
  • G. Leech, (1983), Principles of Pragmatics, London: Longman, pp.xiv + 250
『語用論』(池上嘉彦、河上誓作訳、紀伊國屋書店、1987年)
  • R. Quirk, S. Greenbaum, G. Leech and J. Svartvik (1985), A Comprehensive Grammar of the English Language, London: Longman pp. xii + 1779
  • R. Garside, G. Leech and G. Sampson (eds.) (1987), The Computational Analysis of English: A Corpus-based Approach, London: Longman, pp. viii + 196
  • G. Leech, G. Myers and J. Thomas (eds.) (1995), Spoken English on Computer: Transcription, Mark-up and Application. London: Longman, pp.xii + 260
  • R. Garside, G. Leech and A.McEnery (eds.) (1997), Corpus Annotation: Linguistic Information from Computer Text Corpora, London: Longman, pp.x + 281
  • D. Biber, S. Johansson, G. Leech, S. Conrad and E. Finegan (1999), Longman Grammar of Spoken and Written English, London: Longman, pp.xxviii+1204
  • D. Biber, S. Conrad and G. Leech (2002), Longman Student Grammar of Spoken and Written English. London: Longman, pp.viii+487
  • J. Svartvik and G. Leech (2006) English – One Tongue, Many Voices. Basingstoke: Palgrave Macmillan, pp. xvi+287.
  • G. Leech (2008) Language in Literature: Style and Foregrounding. Harlow, England: Pearson Longman, pp. xii+222.
  • G. Leech, M. Hundt, C. Mair and N. Smith (2009) Change in Contemporary English: A Grammatical Study. Cambridge: Cambridge University Press, pp. xxx+341.
  • G. Leech (2014) The Pragmatics of Politeness. Oxford: Oxford University Press, pp. xviii + 343.

出典編集