ジェリコ・マイル/獄中のランナー

ジェリコ・マイル/獄中のランナー」(原題:The Jericho mile) は1979年のアメリカのテレビ映画。マイケル・マンの監督デビュー作品。

ジェリコ・マイル/獄中のランナー
The Jericho Mile
原作 パトリック・J・ノーラン
脚本 パトリック・J・ノーラン
マイケル・マン
監督 マイケル・マン
出演者 ピーターストラウス
ジェフリー・ルイス
音楽 ジミー・ハスケル
言語 英語
製作
撮影地 フォルサム刑務所
撮影監督 レックスフォード・L・メッツ
編集 アーサー・シュミット
制作 ABCサークルフィルム
製作 トム・ジンネマン
配給 ABC
製作費 $1,000,000
放送国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1979年3月18日
放送時間 97分
テンプレートを表示

1979年のエミー賞の作品賞にノミネートされたテレビ映画で、3つのエミー賞を含む5つの賞を受賞。カリフォルニア州のフォルサム刑務所が舞台となっており、実際にフォルサム刑務所の中で撮影された。

ストーリー編集

第一級殺人で終身刑のマーフィー(ピーター・ストラウス)は自由時間になるとひたすら運動場を走り続けていた。彼の見事な走りっぷりに興味を持ったカウンセラー(ジェフリー・ルイス)は、陸上競技のコーチ(エド・ローター)を呼んでタイムを計る。プロの陸上選手並みの記録を出したマーフィーに、カウンセラーは近く開催されるロサンゼルスオリンピックの選考会に出てみないかと提案するが、彼は非協力的だった。

マーフィーの唯一の友人は隣の房にいる黒人のスタイルズ(リチャード・ローソン)だった。休憩時間には運動場を一緒に走り、夜になれば壁越しに何でも話し合える仲だった。 そのスタイルズに妻から娘が生まれたとの手紙が届く。少しでも早く娘の顔を見たい一心で、刑務所内に顔が利く白人グループのリーダー、ドクターD(ブライアン・デネヒー)に頼み込み面会を取り次いでもらうが、現れたのは知らない女だった。女を問い詰めるとドラッグを持ち込むために呼ばれたと白状した。スタイルズはドクターDに利用されたのだった。看守は2人の異変に気付き、女を拘束しドラッグを没収する。逆恨みされたスタイルズは白人グループに殺されてしまう。

マーフィーはカウンセラーを呼び出し、選考会に出てやるから代わりに白人グループが仕切っている作業場で30分間1人にさせてくれと頼む。作業場を荒らしドクターDが隠していた現金を見つけ出すと、ドクターDの目の前で燃やした。これが彼に出来る復讐だった。

一方、黒人グループのコットン(ロジャー・E・モズレー)はマーフィーを呼び出し、スタイルズが死んだのはおまえのせいだと罵倒し殴り倒す。だが本当の目的はマーフィーの本心を聞き出すことだった。よろめきながらも「スタイルズは兄弟同然だった」と呟やくマーフィーを信じ、彼への協力を約束するのだった。

コーチの指導でマーフィーの特訓が始まった。黒人とヒスパニックのグループはマーフィーのために運動場を整備し、励ましの声と共に配給される食事まで分けてくれた。何の見返りもないのに自分のために尽くしてくれるコーチやカウンセラー、囚人たちの心遣いにマーフィーは心を打たれる。彼はカウンセラーに心を開き始め、自分が終身刑を受けるに至った経緯を話し始めた。 そして刑務所の運動場に完成したトラックでオリンピックの選考会が始まった。

作品概要編集

ABCはテレビシリーズ「女刑事ペパー」の1エピソード[1]を監督したマイケル・マンの演出力を高く評価し、テレビ映画の監督を依頼した。

本作で監督・脚本を務めるマイケル・マンは、原作者パトリック・J・ノーランとフォルサム刑務所に何度も足を運んで脚本を執筆した。マンは前年のダスティン・ホフマンが監督する「ストレート・タイム」(1978)の脚本を書いた際にも、「ストレート・タイム」の原作者でありフォルサム刑務所の囚人でもあるエドワード・バンカーにヒアリングするため何度もフォルサム刑務所を訪れていた。刑務所に入ると白人・黒人・ヒスパニックがそれぞれ組織を作り小さな社会が構築されていることにまず驚かされた。また囚人の房の壁に貼られていた妻と赤ん坊の写真が非常に印象に残った。このときの体験は本作の設定作りに大いに役立った。

撮影期間は延べ21日間で、そのうち19日間がフォルサム刑務所だった。刑務所では日常的に暴力事件が起きやすく騒ぎになれば撮影が中断してしまうため、バンカーが各グループのリーダーに事前に声をかけてくれていた。また28人の囚人が役者として参加しており俳優たちとトラブルが起きないか危惧していたが、囚人たちは協力的で最後まで順調に行われた。しかしこの間に1件の殺人事件が起きている[2]

主演のピーター・ストラウスはテレビドラマ「リッチマン・プアマン」で話題の俳優だったが、刑務所ではヒスパニック系グループのリーダーを演じるミゲル・ピニェロが大人気だった。ピニェロは刑務所暮らしから劇作家・俳優へと転身したことで知られており、囚人たちが彼に水を差し出す際にはコップを紙ナプキンで包むなどして敬意の気持ちを表したという。

本作は1979年のエミー賞の作品賞にノミネートされ、主演男優賞、脚本賞、編集賞を受賞した。マンのもとには20作品以上の監督のオファーが来たが、全て断り次作「ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー」に着手した。

キャスト編集

登場人物 俳優
ラリー"レイン"・マーフィー ピーター・ストラウス
R.C.スタイルズ リチャード・ローソン
コットン・クラウン ロジャー・E・モズレー
Dr.D ブライアン・デネヒー
ルビオ ミゲル・ピニェロ
ビル・ジャノウスキー(カウンセラー) ジェフリー・ルイス
ジェリー・ベロイト(コーチ) エド・ローター

受賞編集

受賞者 結果
1979 エミー賞 テレビ映画の主演男優賞 ピーター・ストラウス 受賞
テレビ映画の脚本賞 マイケル・マン 受賞
テレビ映画の編集賞 アーサー・シュミット 受賞
テレビ映画の作品賞 ティム・ジマーマン ノミネート
1980 エディー賞 テレビ映画編集賞 アーサー・シュミット 受賞
全米監督協会賞 テレビ映画部門の監督賞 マイケル・マン 受賞

脚注編集

  1. ^ The Buttercup Killer, http://www.imdb.com/title/tt0676463/ 2020年1月22日閲覧。 
  2. ^ Michael Mann”. IMDb. 2020年1月22日閲覧。

外部リンク編集

ジェリコ・マイル/獄中のランナー - インターネット・ムービー・データベース(英語)